Calendar
<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
CURRENT MOON
moon phases
Search this site.
links
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

Fionaの吉祥寺通信 37寺目


こんにちは。Fionaです。
土曜日は太陽が牡牛座に入っって間もないときに新月でしたね。
逆行から順行に戻ってしばらく経った火星と海王星が形成するオポジションの緊張を調停する形で新月がアスペクトしました。
心の奥底に溜まった悩みや疲れ。
それらが存在するということを認めてあげたり、安全な場所で、安全な方法で感じ取ることで昇華され、仕切り直しができることがありますね。
私は今週末野外イベントのお手伝いや出店で外で過ごす時間が多かったのですが、自然が受け皿になってくれて、多くの人を癒し、元気づける場面をたくさん目撃しました!

食べ物も自然からの贈り物。獲れたての野菜や果物、作りたての料理には元気の素がしっかり入っています。
私はこの時期になると、名残を惜しむように苺ジャムを作ったり、苺デザートを食べたりします。
まだ苺フェアやってた吉祥寺パルコ地下の j.s.pancake cafe でストロベリーミルフィーユパンケーキ♪

__.JPG

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

Fiona の吉祥寺通信36寺目


こんにちは。Fionaです。
だいぶ暖かくなりましたね。
4月1日から新たなスタートを切った方々は、少しペースがつかめてきた頃でしょうか。

今日は私のタロットコレクションをご紹介します。
鑑定にはタロットカード3種類、オラクルカードを1、2種類ご用意しているのですが、
うちには結構たくさん持ってるんですよ。
何年か前にイタリアで買って来たタロットとか、絵柄が気に入って買ったものとか。
その中でも、これは使わずに完全に観賞用にしようと思っているのがこれ。
PAMELA COLMAN SMITH COMMEMORATIVE SET
__ 1.JPG
2009年、ライダーウェイトタロット誕生100周年を記念して発売されたBOXです。
パメラ・コールマン・スミスとは、ライダーウェイト版タロットの絵柄を描いた画家の女性です

観音開きのボックスを開くと・・・わくわく。
__ 3.JPG
製作されたときの風合いを再現したタロットデッキ、
パメラ・コールマン・スミスの絵を集めた本、彼女の絵のポストカードが入ってます。
人物画はタロットの人物とどことなく似ています。

__ 2.JPG

そのほか、このタロットの開発者、アーサー・エドワード・ウェイトによる解説書とシフォンのタロットポーチも。
かなり楽しめます!

気になった方はネットで検索してみてくださいね。

桜が終わり、今、井の頭公園では山吹が見頃です。
__.JPG
桜ちり春の暮れゆく物思ひも忘られぬべき山吹の花
藤原俊成
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

早矢の暫定的鑑定スケジュールと3月お受けできなかった方々へ

皆様こんばんは~(*^_^*)早矢です。
だいぶ暖かくなってきましたね。いかがお過ごしでしょうか?

さて、手前のブログにも書きましたが、なんとか今後のスケジュールが固まってまいりました。

確実な決定は、4月の16日以降の週には決定します。
確実な決定後、スケジュールページなどに反映させます。

暫定的スケジュール 4月10現在


月曜:12時半~19時半 フィオナ(あらかじめわかっていれば19時半以降も対応可)
火曜:14時~17時まで早矢(17時で強制終了となりますm(__)m)
水曜:11時~17時 光
   18:30~23時早矢
木曜:第一、第三10時~13時HARU
   第二、第四10時半~16時半あい
   15時~23時早矢
金曜:10時~13時HARU
   15時~23時早矢(一部16時半開始日もあり)
土曜:14時~23時早矢
日曜:14時~23時早矢

一応、上記の日程にて、ご予約受けたまわります。
また、月曜も朝から晩まで忙しくしており、身体を休める日がないので、どこかの曜日を思い切ってお休みにするか、もしくは、23時手前であがるようにするか、検討します。

3月鑑定を私からキャンセル、スルーしたクライエント様へ

この度は、父の病状と逝去に際し、何度も私からキャンセルとお受けられない事態に陥ったこことを心よりお詫び申し上げます。

一応、上記のようにスケジュールは昨晩固まってきました。
しかし、気付くといつもこんな時間なのでなかなか皆様にアナウンスの時間がとれません(>_<)

明日、18時あたりにくらい少しだけ時間がとれるので、お受けできなかった方とお電話を希望された方には順次ご連絡差し上げます。
その際、鑑定時間や料金など心ばかりのお値引をさせていただきます。m(__)m
また、こちらのブログをご覧になられた方、ご遠慮なくお問い合わせいただければ幸いです。

移動中と講義中、電話鑑定のときなどはお電話に出られないこともございますが、必ず折り返しますので、お気軽にご連絡をお待ち申し上げております。

どうぞよろしくお願いいたします。

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

Fiona の吉祥寺通信 35寺目


こんにちは。Fionaです。
桜色の日々、いかがお過ごしですか?
今週末井の頭公園も大変な賑わいでした。
金曜日、土曜日は花冷えだったのに、早朝からお花見の場所取りをする人がいました。
気合がないと花見もできませんね。
毎年私は公園が花見客で混む前に桜の写真を撮るようにしています。
今年の冬は厳しい寒さが長く続き、突風が吹いて大変だったのによく咲いてくれたねとおなじみの木に挨拶しました。

弁天さんと桜。手前の橋の上から撮りました。
__ 5.JPG

澄み渡る空と桜。
__ 3.JPG

ボート乗り場のところ。
公園の中では早いうちに咲き始める木です。
__ 4.JPG

日没ごろ、井の頭公園寄りの太鼓橋から見た眺め。
この写真を海外の知人が見て、おとぎ話の最後のシーンのようだと言ってました。
「そして二人は末永く幸せに暮らしましたとさ。」
__ 1.JPG

古典の短歌で花と言えば桜を表すそうです。
それだけ日本の風土に溶け込んだ桜ですが、原産はヒマラヤの方だそうです。
また、意外ですがバラ科の植物なんです。
桜の芳香成分にはバラと同じものも含まれるんですよ。

4月8日は、お釈迦様のお誕生日の花祭りと、イエス・キリストの復活を祝うイースターが重なりました。両方とも命の息吹を感じさせるお祭りですね。
これから桜前線が上っていき、北国にも春を告げていくんでしょうね。
また来年もこの景色を見ることができますように。。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

緊急のお知らせ

長い間闘病していた父が本日3月30日他界しました。

昨日急きょ病院に向かい、昨日、本日、明日と、ご予約ならびにお問い合わせいただいていたお客様には鑑定延期の件をお電話アナウンス
させていただきました。

しかし、明日3月31日(土)15時30分よりご予約いただいております、S様のみ未だご連絡がつかないでおります。
またお時間見計らいまして09085944141よりお電話いたします。
どうかこちらのブログなどご覧いただいた際には、ご一報いただければです。



3月は鑑定が私のほうからキャンセルをしたりとご迷惑をお掛けしましたことを心よりお詫び申し上げます。

今後については、未定です。
4月上旬あたりに再開予定です。決まりましたら追ってまた掲載いたします。


今まで励ましてくれた友人、お客様には深く感謝しております。


取り急ぎどうぞよろしくお願いいたします。

S様、ご連絡お待ちいたしております。
permalink * comments(1) * trackbacks(0) * Edit

Fionaの吉祥寺通信 34寺目


こんにちは。Fionaです。
昨日の日曜日は雨上がりのお天気に恵まれ、井の頭公園もすごい人出でした。
早朝に弁天さんの裏手の梅山に行ったら、やっと梅が見頃を迎えつつありました。
厳しい寒さに耐えて、やっと咲いてくれた梅に、大変だったねと声を掛けましたよ。
__ 1.JPG

__ 2.JPG

__ 3.JPG

公園のボート乗り場のところの桜も、蕾にちょっとだけピンク色が見えました。
早ければ今週中に咲き始めそうです。
梅が頑張ってくれたら、梅と桜が同時に咲いているという珍しい事態に。
こんなこと、私の記憶にはありません。

異常気象にゆらぎながらも、命のプログラムを一生懸命働かせている自然に勇気付けられますね。

ではまた来週♪

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

3月20日は春分の日です

こんにちは。Fionaです。今日は吉祥寺通信をお休みして、春分について書きたいと思います。
3月20日14時14分、春分を迎えます。
太陽が春分点(牡羊座0度)に入る瞬間を春分で、その日が春分の日です。
暦では二十四節気の一つであり、太陽が真東から上って真西に沈む、昼と夜の長さがほぼ同じになる日です。
仏教では、春分の日はお彼岸の中日で、ご先祖様のお墓にお参りする人も多いですね。

啓蟄を過ぎ、虫たちも外に出て来て、花々が咲き始める季節。
今年は寒さが残っていますが、「暑さ寒さも彼岸まで」と言いますから、そろそろ暖かくなるはずですね。

西洋占星術では春分の瞬間の占星図(春分図)が翌年の春分までの世相を現すとされています。
ざっと見てみましたが、おおむね希望が持てる内容でした。
民の力は萎えていません。政府にも新しいリーダーが登場するようです。
祝日法に定められた、春分の日のもともとの意味である「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」を大事にしていけば、大地の揺れも凪いでいくことでしょう。
この国に良い変化を起こすには、この国に生きる人が主体的にかかわっていくことが大事です。
皆さん一人ひとりが、例外なく、変化を起こしていく原動力です。
そういう意味で、明日の春分の日はとても大切ですね。
皆さんが自然の中に行き、ぼたもちでも食べながら、春の恵みに感謝する時間を持つだけでも違いますよ。

ここから春分図の内容に入ります。興味のある方は読んでくださいね。
今年の春分図を見ると、アセンダントは不動宮、獅子座の16度、アセンダントの支配星の牡羊座太陽の力は中くらい(トリプリシティ)で8ハウスにあり、逆行する水星と天王星をコンジャンクションしています。1ハウスの終わり近くの度数には乙女座の火星があります。
アセンダントおよび1ハウスは国民とその環境を表すので、日本国民のパワーは適度に強く、元気です。
8ハウスは外国との経済的な関係や投機を表します。天王星(技術革新)と水星(情報)とコンジャンクションしていることから、何か外国との情報や技術面のやり取りを国民レベルでも実感していき、国民の取り巻く環境が大きく変化することになるかもしれません。

また、国民の象意でもある魚座の月は7ハウスにあります。
月の強さは中くらい(トリプリシティ)なので、やはり国民は無力ではありません。それが安心材料です。
月は1ハウスにある火星にオポジションで刺激されており、更に傷ついたヒーラーであるキロン、海王星とコンジャンクションしています。
国民は過去に受けた痛みから完全に回復しておらず、不安の中にいます。
7ハウスは国のパートナーの場所であり、国対国の関係での相手国になります。
日本の場合、一番大きな存在は米国ですから、基地の問題などが引き続き国民を悩ませることになりそうです。

MC(南中点)は牡牛座9度であり、木星と、支配星座にあり非常に力の強い金星とコンジャンクションしています。
MCおよび10ハウスは政府や最高権力者を表します。
ホワイトデーの頃に最も接近して夜空に並んで輝く星が2つあったと思いますが、それは金星と木星でした。
思想の面でリードする人が政府の中枢に登場するようですが、あまり惑星の力が強くないので一過性の現象になるような気がします。
また、金星は女性や子供を表すので、女性の指導者、子供の利益を守る人、
また、金星はお金の象徴でもありますので、国民に豊かさを示すことができる人がリーダーとして登場してくれることを期待したいです

4ハウスは蠍座9度。国土を表します。
支配星を冥王星とすると、惑星の力(ディグニティ)はペレグリンという、力を発揮できない状態です。
大地が絶えず揺れている現状を考えるとうなずけます。
冥王星がある5ハウスは穀物の生産高にも関係がありますので、特に日本人の主食である米に関して特に綿密な施策が必要なようです。
ただし、冥王星はMC、木星、金星のセット、および1ハウスの火星とグランドトラインという非常にスムーズな角度を取っているので、政府の善政や国民の意思によって改善されていくと思います。

それでは今日はここまで。
素敵な春分の日をお過ごし下さい。

__.JPG
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

ホワイトデー

こんにちは。光です。
きのうの夜、何気なく空を見上げたら金星がいつにもまして美しく輝いていて、感動しました。金星は今、牡牛座にいて、牡牛座の支配星なのでいわば、ホームグランドにいるようなもの。
発展の星、木星もすぐそばでサポートしてくれています。

今日は、ホワイトデー。
ロマンチックな恋が始まったら、ステキですね。
金星のように自分自身も輝いて、キラキラ!と思ってくださいね。
自分のことを受け入れて、好きになっていけば必ずステキな人と出会えると思います。
落ち込んだときは、愛と美の星、金星を眺めてみましょう~!

それでは、また~。


permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

Fiona の吉祥寺通信 33寺目


こんにちは。Fionaです。
昨日、3月11日の14時46分、みなさんそれぞれの場所で1年前のことを思い出し、犠牲になった方々の鎮魂を祈られていたのではないでしょうか。
悲しみは尽きませんが、今、日本の国土の上で生かされていることに感謝し、身近な人たちと助け合い、遠くにいる人たちにはできる限りの応援と祈りを送っていきたいと思います。
_2_.JPG

さて、吉祥寺の話題を一つ。
中道通りにおととしの夏にオープンした、千恵蔵さん
全国のおいしい食材が集まっているお店です。オンラインショップあり。
店頭には鹿児島のおばあちゃんが作った野菜なども並んでいます。
私は、徳島の卵を買いにときどき行きます。
ゆで卵用、目玉焼用、生食用と、用途別になってるんですよ。
殻が驚くほど固くてしっかりしています。飼料にも気を遣われているらしいです。
あとは、調味料、お菓子類も充実。
お菓子は試食できるので、ついつい手が伸びます。
オクラチップスがおいしかったです。

__.JPG
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

Fiona の吉祥寺通信 32寺目


こんにちは!Fionaです。
今日は土星について書いてみますね。

2009年10月末から天秤座に入った土星。
最後の度数の29度まで来ましたが、クルッと踵を返し、天秤座内で最後の逆行中です。
期間は2月7日から6月24日まで。度数でいうと天秤座29度から22度までです。
その後、順行に戻り、10月7日に蠍座へ入ります。
土星は忍耐、制限の星と言われていますが、努力するチャンスを与えられると良い方向に考えることができる人には強い味方になってくれます。
この土星が通り過ぎた後には大きく成長した自分を発見できますよ。

土星は土星は公転周期 29年強、一つの星座にいる2年半くらいの間に、何度か逆行を繰り返します。
逆行しているときは、習い事で言うとおさらいをしているようなものです。
「その曲、もう一回おさらいして来て」とピアノの先生に言われると、次の曲に進みたいと思っているからちょっとガッカリ、もう一回やるのか~と面倒に思いますよね。
でも、確実にその曲を理解し、上手に弾けるようになるには必要なプロセスなのです。

特に以下の人たちはそんな時期ですよ。
・毎年10月15日から10月22日までの生まれの方 (天秤座29度から22度までに太陽がある方)

・1982年1月中旬から2月中旬、1982年9月下旬から11月末、1983年5月中旬から8月24日までに生まれた方
(天秤座29度から22度まで土星があり、最初のサターンリターン(土星回帰: 生まれたときの土星の位置に土星が戻ってくる)を迎えている、29歳から30歳くらいの人たち)
*その前後の方も多少同じ影響があります。

先生の言うとおり頑張って練習した人は、今年の夏から初秋までに、あ、この曲のこの部分、ちゃんと弾けるようになってるなと少し自信が付いてきます。
(具体的には、もう一度順行で土星が通り過ぎる6月25日から10月6日まで。)

一昨日の土曜日、王様のブランチの吉祥寺特集で、インスパイアのある末広通りが取り上げられました。
私は先週インスパイアにいるときに、姫様こと、はしのえみさんがお向かいのRyumon Coffee に来たのを目撃。姫、くりくりしたお目目で可愛かったです。
同じ末広通りにある、元フレンチシェフによるコロッケ屋さん、岡兵衛 も出ていました。
__ 1.JPG
夜は Cafe きちなん という居酒屋になる場所です。

イートインスペースがありますが、何とここは持ち込みOKなんです。
お向かいのお店で買ったおにぎりを持ち込んで、コロッケと一緒に食べることもできます。

紫芋とベシャメルのデザートクロケット(写真左)は、お芋の甘さと上品なクリームの甘さがお菓子感覚でおいしかったです。
極みの黒(写真右)は、胡椒が効いていてスパイシー!
__ 3.JPG

土曜日を除く日の昼ごろから売り切れまでの営業です。
このお店にもインスパイアのちらしを置いていただきました。
ありがとうございます!



permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75

このページの先頭へ