Calendar
<< November 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
CURRENT MOON
moon phases
Search this site.
links
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

Fionaお休みのお知らせ6月10日、17日

こんにちは。Fionaです。
先日もお知らせしていましたが、勝手ながら私用のため、6月10日(月)、17日(月)の鑑定をお休みさせていただきます。
24日は通常通り在室しております。
どうぞよろしくお願いします。

image.jpg
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

産経学園さま☆タロット鑑定案内☆HARU

みなさま、おはようございます!
横浜在住のHARUです。

本日は、吉祥寺産経学園さまでの
タロット個人鑑定をさせてください。

関東地方は梅雨入り。
とはいえ晴天が続いていましたね。

今朝は久しぶりの雨模様。
しっとりとした空気が漂っています。

個人的には雨が降ると、気持が自分に集中できます。
天気がいいと、外に行くことばかり考えるので(笑)

どちらかというと、過去を振り返らないタイプですが
めずらしく、ここ最近の出来事を思い出しています。

5月の新月から満月の間に、新しいことを幾つか始めました。
その前に、「これをやめよう」と思ったことがありました。

周りを見渡すと、同じような状況の友人がが何人かいます。
何かをやめて、何かを始めるという流れが来ています。

皆さまは、どのようにお過ごしになりましたか?
そして、これから先の半年は、何をしていきたいですか?

もう2013年の前半が過ぎようとしていますね。
さて、後半はどうなるでしょう?

具体的には、運気の流れはどうなっているでしょう?
仕事は?恋は?結婚生活は?金運は?

というわけで、吉祥寺産経学園さまの
タロット個人鑑定のご案内をさせてください。


☆日時:7月 6日(土)10:00~14:00
7月10日(水)10:00~12:30

☆時間:おひとり30分

☆料金:産経学園さまの会員さま:3,150円
    会員でない一般の方  :3,500円

☆内容:2013年の後半を占う!
    仕事運は?転職のチャンスは?資格試験の取得は?
    新しい出会いは?今の恋はどうなる?結婚のチャンスは?
    金運はどうでしょう?海外旅行はどうでしょう?

☆お申し込み&お問い合わせ:直接、産経学園さまにお願いいたします☆


詳しくは、こちらまで!
http://www.sankeigakuen.co.jp/contents/result_index.asp?SC=01&TYPE=0&SchoolSelect=18&FreeWord=%E3%82%BF%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88&submit.x=55&submit.y=29

では、よい6月をお過ごしください!
そして、今年のラッキーを引き寄せてくださいね!!


☆やはり梅雨時と言えば、紫陽花☆
201305031246000.jpg
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

Fiona の吉祥寺通信 87寺目


こんにちは。Fionaです。

昨年の6月から双子座にいた木星が、6月26日に蟹座に移動します。
木星の公転周期は11.86年で、占星術で使用する星座は12ありますから、約12年に一度訪れ、約1年間滞在するお客さんです。

明るく輝く、太っ腹で、寛容で、智慧があり、触ったものを大きく拡大していくお客さんです。
木星にとって蟹座はとても居心地がよく、気分が上がるところらしいです。
木星の美徳が表現されやすいので、たくさん恩恵をもたらしてほしいですね。

木星は26日に蟹座に入ってすぐ、先に蟹座入りしていた太陽、蠍座の土星、魚座の海王星とともに美しい正三角形、水のグランドトラインを形成します。
その前後から心持ちや周りの空気が変わったことを感じるでしょう。
水星、金星も5月末から6月始めにかけて蟹座に移動しているので、既にもうしっとりしてきていますが。。

双子座の木星は風のようにさまざまな人や情報を呼び込んで来ましたが、蟹座の木星は、その中でも自分の気持ちとしっくりフィットするものを選び取るように働いてくるでしょう。
家族、身近なコミュニティ、故郷とのつながりを再確認する機会も増えるでしょうし、家庭を築いたり、家を買ったり、居心地の良いインテリアを作っていく人も増えてくるかもしれません。

太陽星座や月星座、アセンダントが蟹座の方、蠍座、魚座の方は特に木星の良い影響を受け取りやすいです。
個人のチャートのどのハウスに木星が運行しているかや、惑星同士のアスペクトによって、どの分野で、どんな影響があるかは異なってきます。
細かく知りたい方はインスパイアでの鑑定を受けてみてくださいね。

私は太陽星座が双子座の終わりがけなのですが、そのあたりを運行している木星の影響か、今週末から10日間ほど海の向こうを旅して来ます。
私のアストロマップでアセンダント木星ラインがバリバリ通っている、カリフォルニアのマリブにも行くので楽しみです。
快適に過ごせる予感がします。

それに伴い、大変恐縮ですが 6月10日(月)、17日(月)の鑑定はお休みさせていただきます。
6月24日は通常通り 12時半から18時半まで在席しております。
アメリカンフィーリング (古いですね!) をお土産に持って来ますので、楽しみにしていてください~

ジュピターといえば、平原綾香さんの歌が有名ですが、その元になったホルストの組曲 惑星のジュピターがこれ。

3:09 からお馴染みのメロディーが始まります。
この音楽で壮大な木星を感じてみてくださいね!
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

♪ coroe の 季節のお便り 【芒種】

みなさん、おはようございます。

きのうから東京地方も、梅雨入りしたとのことですね。これは例年よりも10日早い、梅雨入りのようです。

先日は、透明なビニール傘のビニールのところに、すてきな模様をつけて、個性を出した傘とかも、お手ごろな価格で売り出されたりしているのを見つけました。

わたしはまだ、購入はしていないのですが、お気に入りの雨具を持つのも、雨の日を楽しく過ごす、素敵なアイデアのひとつですね。


130530_074439.jpg

(お写真の絵は、『日本の七十二候楽しむー旧暦のある暮らしー』東邦出版より、有賀一宏さんというイラストレーターの方が描かれたものです。)



さて、それでは、季節のお便りです。

こんどの水曜日06月05日からは、二十四節気は、芒種(ぼうしゅ)になります。

芒種(ぼうしゅ)とは「稲や麦など穂の出る植物の種を蒔くころのこと。稲の穂先にある針のような突起を、芒(のぎ)といいます。(『日本の七十二候楽しむー旧暦のある暮らしー』東邦出版より。)」

「六月の田植え時期には、全国各地で、田の神さまに豊作を祈る祭が行われます。

大阪の住吉大社では、十四日に御田植神事(おたうえしんじ)があります。八人の神楽女(かぐらめ)による八乙女(やおとめ)の田舞(たまい)などの踊りや舞が奉じられます。

また二十四日には、国の重要無形民俗文化財に指定されている、磯部の御神田(おみた)が、三重の伊雑宮(いざわのみや)で行われます。おおぜいの男たちが、御領田(ごりょうでん)の中で泥だらけになりながら竹を取り合う竹取神事(たけとりしんじ)が見ものです。
(『日本の七十二候楽しむー旧暦のある暮らしー』東邦出版より。)」

「住吉大社」「御田植神事」で検索すると、住吉大社のHPの中に、御田植神事のようすもアップされていて、きれいです。

また、「伊雑宮」「磯部の御神田」「写真」で検索すると、こちらの神事の雰囲気が、とても良くわかりますよ。良かったら、ためしてみてくださいね。

両方とも、とてもすてきな田植えの神事ですね。自然と神さまと人とのより良い結びつきが、伝わってきます。


130524_095500.jpg


占星術的には、この芒種(ぼうしゅ)の日は、お空のトランシットの太陽が双子座16度に入る日になります。

双子座の、前半度数の01度から15度までのキーワードは、「外部化

双子座に限らず、星座の1度から15度は、星座のテーマそのものに魅力を感じ、自我が星座にとりこまれていきます。16度から30度になると、前半の体験で手に入れたものをどう外部に表現できるかに関心が向かいます。

前半と後半で、求心的、遠心的という違いが現われてくるのです。この双子座の16度から30度でも、自分の考えを発表してみたい衝動に駆られることでしょう。『神秘のサビアン占星術』松村潔、著 学研 より)」。

双子座前半度数で培われた個人の力を、もっと大きな範囲の集団に働きかけるために使ってゆくのが、双子座後半度数の特質です。

知的なことを、整理したり統合したりすることに、才腕をふるうことができる度数といわれています。



その、双子座に対応する色彩は、17世紀の占星術家ウイリアム・リリーは、「白と赤」としているそうです。

石井ゆかりさんは『双子座』WAVE出版のなかで、「双子座は春から夏へのはざまにある星座ですが、夏の暑さを象徴するような赤と、春の輝きを象徴するような白の境目にあって混ぜ合わされている、ということなのかも知れません。」と書かれています。

またそれよりも古い10世紀前後の占星術家の中には、双子座の色彩対応を「黄緑色」としている人もいるようです。

みなさんは、双子座を色彩変換した時に、何色が一番ふさわしいと思いますか?

石井さんもまた、「双子座を支配する水星は、空色や青みがかった色を扱います。」としたうえで、「初夏の、晴れ渡って濃く澄んだ空色は、双子座の世界に良く似合います。」と同じ本の中に書かれています。

わたしも、ライトな感覚の「水色」や「黄色」なども、双子座の持つ性質と共通項が多いようにも思います。

双子座は風のエレメントの柔軟宮で、支配星が水星ですので、そのような性質を色彩変換した時に、この2色は、まっさきに浮かんでくるように、思います。





それでは、どうぞみなさんも、雨の恵みの芒種(ぼうしゅ)の季節を、軽やかに楽しんでお過ごしくださいね。



permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

Fiona の吉祥寺通信 86寺目


こんばんは。Fionaです。
先週の月曜日にお休みをいただいて、法事のため九州に帰省してきました。
今回の旅は、第1チャクラに滋養を与えた旅になりました。
なので、今、とても元気です。

第1チャクラは地球とダイレクトにつながるところ。
いろんな見方がありますが、地と血の絆を表すところと言えるのではないでしょうか。

法事が行われた大宰府は中高時代に学校の行事でよく訪れたところ、
その後に旅した長崎県の佐世保は1歳から8歳まで住んでいた街、平戸は私が生まれる前に家族が住んでいた街です。

都会で暮らしていると、上の方のチャクラが高速回転して、下の方のチャクラがどうしても不活性になってしまいますよね。
何だかグラウンディングできていない、落ち着かないという方は、子供の頃の思い出の場所に旅してそこの土地のエネルギーとつながるとよいかもしれません。

佐世保を訪れたのは30年以上ぶりでしたが、駅に降りたったときから懐かしさで胸が一杯になりました。
街の空気もようこそ、お帰り!という感じだったのです。

ここの空気を吸い、ここで育ったものを食べ、ここの人たちにお世話してもらって8歳まで育てていただきました。
あと、町の人たちの言葉が自分が自宅で話している方言やイントネーションと同じなのに気づきました。
博多弁でも、佐賀弁でもない、私の言葉はどこの言葉だろうと自分ながら思っていたのです。
ルーツ発見!でした。

父の仕事の都合で引越しが多かったので、私には故郷といえるところはないなと思っていました。
このブログをご覧いただいている中にも私と同じような方がいると思いますが、言葉を覚えるときに住んでいた街を故郷と見ることもできますね。


今回は古いアルバムをめくり、赤ちゃんのときに父と撮った写真をiPhoneで撮影して持って行きました。
宿泊したホテルのフロントの方にその写真を見せ、ここじゃないでしょうか。と言われて訪ねたところがここ。

__ (2).JPG

九十九島の船越展望台です。

背景の島の形を見て確認し、ここだと確信しました。

あとは、平戸で母と兄たちが記念撮影した樹齢400年超の蘇鉄の木の前で、母が立っていた位置に私も立って撮影したり。
これが大蘇鉄。オランダとの交易時代も知る木です。
__ 1.JPG

旅の途中で両親に、「お兄ちゃんが通っていた幼稚園がまだあったよ」など逐一報告したら喜んでくれました。
家族との絆も再確認できた旅でした。

では、また来週♪
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

東京スカイツリー☆

こんにちは、光です。
ちょっと前まで、朝晩あんなに寒い日があったのがウソのように、今日はとっても暑いですね!みなさま、お元気ですか?

ところで、きょう5月22日は、東京スカイツリーオープン一周年ですね!!
もうすでに展望台に登ったり、近くまで行って眺めた方も多いと思います。
私は実は、高所恐怖症なんですが、やはり一度は登ってみたいと思っています。

今は、近くの浅草見物など、はとバスツアーもいろいろコースが充実しているみたいです。
私は浅草に行ったのは、なんと高校生のときの遠足です。(いったいいつだ~?)

冥王星が山羊座に入ったぐらいから、やはり日本の伝統的なものに注目が集まっているように感じます。 日本を楽しみたいですよね。

おそばも大好き!
今藤先生の書かれていた、富士そばさんにぜひ行ってみます!

それでは、みなさま熱中症にはお気をつけてお過ごしください~。
では、また~。



permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

お知らせ 今藤侑希より

こんばんは。

月曜日夜の鑑定の今藤です。

本日は終日雨でした。梅雨入りはもう少し先になりますが、ちょっと一足先に梅雨っぽい雰囲気でした。
この時期は季節の変わり目で気温と気候が安定しづらい時ですので、体調面だけでなく、気持ちも揺れやすかったり、ストレスが溜まりやすい時ですので、無理せず自分のペースを大切にして下さいね。

さて、来週27日月曜日の夜の鑑定は、帰省の為お休みさせていただきます。
6月からはまた通常通り出演しますので、よろしくお願いします。

さて、お話は変わりますが、吉祥寺の井の頭通り沿いのマルイの前の交差点に富士そばが新しくオープンしました。もともと吉祥寺には富士そばが2店舗あり、今回の新規オープンは井の頭通りなのでインスパイアからますます便利になりました!
富士そばは24時間やっていますので、インスパイアでの鑑定前や遅い時間の鑑定後にも対応してくれます。富士そばハードユーザーの僕としてはとてもありがたいです。
良かったら皆様も是非ご利用下さいね!

占いちは全く関係で恐縮ですが、なにか吉祥寺や占いに関する有益な情報を紹介したいと思います。

では、皆様ご無理のないように素敵な毎日が遅れますように!

ちなみにおそばに含まれるルチンは体にもとても良いので(毛細血管の強化等)おすすめです。
ルチンは水溶性なので、茹で汁に多く含まれるので、お食事後にはそば湯がおすすめです。
ちなみに富士そばには受け取りカウンターにそば湯が入っている魔法びんポットにはいっていますので。




permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

5月20日お休みのお知らせ Fiona


こんにちは。Fionaです。
勝手ながら、法事のため5月20日(月)お休みを頂戴します。
5月27日は通常通り12時半から18時半まで鑑定しております。
どうぞよろしくお願いします。

15日のクリスタルショップでのイベント、無事終わりました。
ひっきりなしにお客様にお越しいただき、感謝です。
クリスタル、アロマ、ヒーリング、ヨガなどに関心のある方が多く、
クリスタルを見ながら初めて会うお客様同士がチャイを飲みながら情報交換されていましたよ。

リーディングを受けてくださったお客様方は、インナーチャイルドカードの可愛さに魅了されていました。
今回は、環境が変わったり、心境の変化がある方が多かったのですが、
カードたちも優しく背中を押してくれました。

image.jpg
上はリーディングスペースの写真です。
クリスタルの写真を撮る余裕がなくて残念。。
写真に写っているのは Guardian of Swordsのカード。
タロットではSwordのキングのカードです。
後ろで翼を広げているのが大天使ミカエル。
力強いプロテクションのカードですが、赤い薔薇に象徴されるように、
ベースは愛です。
剣の力を行使するには、愛がないといけないのですね。

私の出展は15日のみですが、このクリスタルショップは、22日、29日にも開催されますので、
興味がある方はこちらをチェックしてくださいね!

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

♪coroe の季節のお便り。【小満】

みなさん、おはようございます。

今日は東京地方は、朝はとても良いお天気でしたが、天気予報によると、夕方くらいから、急な夕立になったりもするとのこと。

どうぞお出かけの時には、傘を忘れずに、お出かけくださいね。



130515_223028.jpg

(お写真の絵は、『日本の七十二候楽しむー旧暦のある暮らしー』東邦出版より。)



さて、それでは、季節のお便りです。

こんどの火曜日5月21日からは、二十四節気は、小満(しょうまん)になります。

小満(しょうまん)とは「いのちが、しだいに満ち満ちていくころのこと。草木も花々も、鳥も虫も獣も人も、日を浴びてかがやく季節です。(『日本の七十二候楽しむー旧暦のある暮らしー』東邦出版より。)」


2702d07019f9e075108ec6807c5ccf90e899e201_24_2_9_2.jpg


5月の第三金曜日から日曜日までの三日間は、浅草の三社祭があるそうです。今年は、17日・18日・19日になるようです。

浅草神社の三社祭の公式HPは、こちらです。http://www.asakusajinja.jp/sanjamatsuri/

浅草神社は明治になるまでは浅草寺と一体だったとのこと。神仏分離の政策によって、浅草寺と分離してから、浅草神社単体での祭りとなり発展したのだそうです。

浅草に初夏を告げる、東京を代表するお祭りということで、江戸からの情緒を堪能するのも、おもしろそうですね。


abb8e1ce77cbfcf46a7b9c2b91b5ca9dddee887c_24_2_9_2.jpg
(お写真のこま犬は、両方とも、浅草神社のこま犬です。)



占星術的には、この小満(しょうまん)の日は、お空のトランシットの太陽が双子座01度に入る日になります。

双子座は、12サイン中三番目の、風のサイン。

知性の探求や、好奇心が旺盛で、それをもとに、自分自身のマインドを形成するサインです。

ひとつ前の牡牛座には、自然豊かな環境を好む、田舎との相性の良さがありますが、こちらの双子座は、逆に、移り変わりのスピードが目まぐるしい、都会との相性の良さがあります。

牡牛座は、スピード感は、ゆっくりとしたものを好みますが、双子座は、早い移り変わりを好みます。

自転車・バイク・自動車・電車など、交通機関やそれを使っての移動なども、双子座の象意となります。



そんな双子座の、前半度数の01度から15度までのキーワードは、「発見。知らないことは、チャレンジするべきことという考え方なのです。『神秘のサビアン占星術』松村潔、著 学研 より)」。

トトロに出てくるメイちゃんくらいの年齢の子どもたちは、ちょっとこの双子座サインの特徴を、とてもわかりやすく持っていたりもしますね。

歩こう!歩こう!で、どこにでも行ってしまったり。
なんで!なんで!と、なんでも知りたがったり。
あれぇ、これ何だ?と、発見の喜びに、あふれていたり。

そんな初々しい、知的好奇心にあふれた、軽いフットワークのサインが、双子座です。





その、双子座に対応する東京都内の場所は、日比谷公園・お台場・羽田空港など。

東京の十二サイン対応のエリアの中で、唯一、「大きくて古い神社仏閣」がほとんど無い場所です。

歴史の重さから解放されたい人、ピーターパンのような自由さの欲しい人、気楽さの好きな人には、とても向いている場所と言えると思います。





それでは、どうぞみなさんも、ずかすがしい小満(しょうまん)の季節を、軽やかに楽しんでお過ごしくださいね。



permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

Fiona の吉祥寺通信 85寺目


こんにちは。Fionaです。
いよいよ明日、5月15日、クリスタルショップでのイベントです。
インナーチャイルドカードとインド手相のリーディング
日時: 5月15日(水)13時~17時
場所: ニーマルヨガスタジオ (目黒)
イベントの詳細は、こちらをご覧くださいね。

一昨日、新しいエンジェルカードを持って、神代植物公園のローズフェスタに薔薇を見に行きました。
5月12日現在、ほぼ満開でしたよ。
26日までの会期中、週末は朝8時から開いているので、オープン直後に行きました。
薔薇は早朝が一番香るそうですよ。
Ambika Wauters さんによる、クラシカルなイタリア風のエンジェルカードは、薔薇との相性が良いようです。

The Miracle of Love のエンジェル。
__ 2.JPG

アークエンジェルミカエルと、Knowingのエンジェルのカードと薔薇のコラージュ。
薔薇コラージュ.JPG

昨日の鑑定からこのエンジェルカードを使用させていただいてます。
愛に溢れるメッセージをいただけましたよ。
明日のイベントにも薔薇のエネルギーを吸収したこのエンジェルカードも持って行きます!

ダマスクローズ系の香りの強い薔薇、パパメイアン。
__ 4.JPG

前日の雨の雫が光っていて綺麗でした。
近くに近づくだけでフルーティーな洋ナシのような香りに包まれ、ハートがぐぐっと開きます。

そうそう、
光先生の個人ブログができました!
Chiaraのささやき
光先生のひかりあふれるメッセージがこれからつづられると思います。
是非、訪問してくださいね!

このブログではChiaraというお名前を使われているのですが、そのお名前の由来であった、聖キアラにゆかりのあるイタリアのアッシジを9年前の今頃旅したことを思い出しました。
キアラは聖フランチェスコの女性のお弟子さんです。
サン・ダミアーノ修道院という、聖フランチェスコが神のお告げを聞いたという修道院に、二人のステンドグラスが飾られていました。
太陽と月星の陰陽対応になっています。
キアラ
CIMG0750.JPG
フランチェスコ
CIMG0749.JPG
聖フランチェスコに出会って衝撃を受け、裕福な両親の反対を押し切って出家し、清貧の道に生きた聖キアラ。
信仰でつながれた、愛よりも深い絆が感じられます。


permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80

このページの先頭へ