Calendar
<< July 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031
CURRENT MOON
moon phases
Search this site.
links
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

Fiona の吉祥寺通信 77 寺目 講座、イベントのお知らせ

こんにちは!Fionaです。
Hanako吉祥寺特集が発売され、今日からポカポカ陽気。春が近づいてきましたね!
今日は先生方のイベントのお知らせです!

吉祥寺産経学園で、早矢先生の西洋占星術とタロットの講座HARU先生のタロット鑑定会、Fionaのかおりとヨガの講座が開催されます。

そして、今藤先生は3月17日に吉祥寺の長男堂さんの日曜市、「猫屋横丁」でタロット、手相鑑定をします。

吉祥寺産経学園さんは、南口の交番の向かい、井の頭通りと吉祥寺通りの交差点にあり、駅からもすぐです。
何と、日本で一番古いカルチャーセンターということです。
多種多様な講座がありますので、春から何か始めたい方は是非チェックしてみてください。

早矢先生は西洋占星術とタロットの入門クラスを担当されます。
また、前期の占星術入門クラスが好評で、もっと勉強したいという熱心な生徒さんのために継続クラスも設定されるとのこと。
早矢先生のわかりやすく熱心な教え方は定評がありますよ。

*以下のリンクは産経学園さんの受付ページに飛びます。
やさしい西洋占星術入門
やさしいタロット占い入門

早矢先生の講座の様子はブログにて。

HARU先生のタロット鑑定会は、以下の日時で行われます。
HARU先生は、まるごと包んでもらえるようなやさしい雰囲気の方です。
的確なアドバイスがあなたの背中を押してくれますよ!
*以下のリンクは産経学園さんの受付ページに飛びます。

4月3水曜 13時~16時
5月2木曜 10時~12時半

Fionaは、文香の名前で、かおりとヨガ」の講座を3月から月に1回、入会金不要の講習会という形でやらせていただきます。
香り体験と簡単ヨガの講座です。
生のお花をアレンジしたり、アロマテラピー、ハーブなどのグッズを作り、素敵な香りの下でヨガや呼吸法を行います。
どなたでも楽しんでいただける内容です。
カラフルで柔らかい時間を過ごしたい方、いらしてくださいね。

詳しくはインスパイアのホームページにも取り上げていただいています。


*以下のリンクは産経学園さんの受付ページに飛びます。
・3月29金曜 13時~15時30分
ローズのケーキ風ラウンドアレンジメントと呼吸法
・4月30日火曜10時~12時30分
初夏の花のボディスプレー作りと座ったままできるヨガ

5月29水 10時~12時30分
月星座でブレンドするハーブティと梅雨のヨガ


お待ちしています~!

__.JPG
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

HARU☆インテリア風水「カラー」②

みなさま、おはようございます!
横浜在住のHARUです。

今日から三月ですね。
季節は確実に本格的な春に向かっています。

私は毎年、五行でいうと「木」の気が強まる
春先には、新しい変化が訪れます。

出会いと別れのこの季節。
今年は、新しくワクワクするような仕事をスタートさせました。

これから向かう桜の開花が待ち遠しいです♪

では、今回は、インテリア風水のカラーの続きです。


【部屋の向きと色】
インテリアの色を考えるときに、意外に重要なことのひとつとして
部屋の向きが挙げられます。

部屋の向きによって、外から差し込む光の色が変わるので、
インテリアの色味も違って見えるでしょう。

◆南向き・西向きの部屋:
南向きの部屋には、自然光が豊富に差し込みます。
太陽の光は黄色っぽいので、部屋の色も全体に黄味がかかることを
頭に入れておいてください。
西向きの部屋も基本的には同じですが、
西日が当たると夏には暑苦しくなりがちなので、
涼しげな色遣いがお勧めです。


◆北向き・東向きの部屋:
北向きの部屋はもちろん、東向きの部屋も朝を除いては、
あまり日が当たりません。
そのため部屋全体の色が暗く沈んで見えがちでしょう。
蛍光灯の明かりは青みが強いため、より寒々しい感じになるので
気を付けてください。
部屋全体を暖色系でまとめるのもいいでしょう。

では、また次回!

201302090815000.jpg
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

春の訪れ♪

こんにちは、光です。
青森など、北国では大雪のようですが大丈夫でしょうか?
ここ吉祥寺も、もしかしたら朝は雪になるかもとの天気予報でしたが、幸い雪にはならず雨でした。その雨も午後にはすっかり止んで、朝より暖かいですね。
春が一歩一歩近づいているようです!

「もう春だ~!」と感じるのは、やはりお花屋さんの前を通って、春のお花を見かけたとき。先ほどお昼に外出して、お花屋さんでミモザを見つけました。
Fiona先生のブログにも載っていましたが、私もミモザが大好き!
実は、昔お花屋さんで働いていたことがあって、ミモザの季節になると花束を作って、鼻を近づけてクンクンしていました。 そう、匂いがとってもいいんです!(でもちょっと変な人ですね。。。)

ところで、皆さんはミモザと聞くと何を思い浮かべますか?
ミモザサラダ、ミモザカクテル。。。
私は、大島弓子さんのマンガ、「ミモザ館でつかまえて」(週刊マーガレット・集英社)です。
「あ、懐かしい~」 と思われた方は、きっと私と同世代の方ですね。

それでは、また~。
女性の方、週末のひな祭りを楽しんでくださいね!!


permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

Fiona の吉祥寺通信 76寺目

こんにちは!Fionaです。
明日2月26日朝5時27分に乙女座7度で満月になります。
今晩、晴れているところは月夜になりますね。
西の地平線に沈むちょっと前に満月になるので、西側に窓がある部屋で寝ている方は朝方月の光で目が覚めてしまうかもしれません。

月と反対の魚座に星が集中しているため、今回の満月は複数の星の光の反射を受け、独特な色の光を放っています。
何色なのか、心の眼で見てみてくださいね。

乙女座は、目の前の人に実際的に役に立つことを象徴しています。
太陽が位置している180度反対の魚座は幅広い、世の中に奉仕することを象徴しています。
両方のサインとも、自分のためではなく、誰かのためにというエゴレスなところは共通しています。

更に、魚座太陽(+魚座海王星)-乙女座月-双子座木星で、直角二等辺三角形(Tスクウェア)という緊張のアスペクトが形成されます。

問題に立ち向かっている人にはこの満月のアスペクトはジレンマももたらしますが、エゴから離れた視点で問題を見つめるというチャレンジになります。
そこを意識すると結局は解決への早道になるようです。

蠍座を逆行している土星がこのアスペクトを緩和していますので、心の深いところで固まっていたもの(エゴも)を溶かすことも解決の鍵になります。
こうしたい、こうなりたい、こう扱われたいという思いも大事ですが、そればかりだと成功したとしても満足度が低い感じです。

Tスクウェアのアスペクトの星座のうち、乙女座、双子座は水星に、魚座は海王星、木星(古典)に支配されています。
水星、木星、海王星の影響も強く受ける満月です。
情報、智慧、夢や形はないけど美しいもののからみですね。

今回の満月のエゴレスな要素を追加すると、誰でもわけ隔てなく使えて、みんなで共有できる情報や智慧や夢や美。

歌もそのひとつかなと思います。
先日、インスパイアの先生方とカラオケに行ったのですが、一緒に歌える歌がたまにあって、とっても盛り上がった瞬間がありました。
こんなときに生まれた喜びと一体感をもとに、スタッフ一同、お客様の幸せのためにお役に立つことができたらと思います。

26日の11時少し過ぎには、金星が魚座に移動します。
金星にとっては魚座は居心地が良い場所。
満月がもたらした緊張の余波を、今を楽しむ喜びで塗り替えることができるでしょう。

皆さん、素敵なフルムーンデーを!


写真.JPG
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

2月25日月曜日の今藤の出演時間について

こんにちは!
2月から月曜日に出演させていただいている今藤侑希です。

改めて、はじめまして(^^)
今後ともよろしくお願いします。

月曜日には毎週19時から出演しています。
ただ、来週の月曜日2月25日は都合により19:30からの出演とさせていただきます。
次週からは通常通り19時から出演させていただきます。
ご不便をおかけいたしますがよろしくお願いします。

他の先生もお話なさっていますが、本日から水星が魚座の第二デークで逆行します。
行き違いやケアレスミス等何かとネガティブなイメージも強い水星の逆行ですが、知性を表す水星が逆行するという事で、過去を振り返るという意味もあり、水星の逆行時には懐かしい人から連絡がきたりという、ちょっとサプライズ的な要素もあるので、懐かしいお友達や会いたい人に連絡してみるのも良さそうですよね( ´ ▽ ` )ノ
魚座の水星なので、温かい雰囲気で懐かしい人ともう一度繋がり合えたら素敵だと思います(^-^)/
芸術的な事やクリエイティブな事が好きな方は技術的な事を復習してみたり、やりかけの事がある方はもう一度復活させてもたりするのもいい事かもしれませんね(^^)

どうか水星の逆行を前向きにも使ってみて下さいね(=´∀`)人(´∀`=)

では皆様にとって素敵な週末になりますように\(^o^)/





permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

♪coroeの季節のお便り 【啓蟄】

早いもので、二月も残すところあと一週間となり、気がつくと、ずいぶんと日が暮れるのも、ゆっくりになって来ましたね。

秋の日はつるべ落としと言われていますが、春のこの頃からは、それとは逆に、薄青い柔らかな色のたそがれ時が、思いのほか長い時間続いて、ゆっくりと暮れてゆく感じです。

季節によって日の暮れ方に違いがあることとか、とても興味深いことですね。


130128_173032.jpg


さて、今回もまた、少し先取りになりますが、季節のお便りをお届けします。


3月5日(火)からは、二十四節気は、啓蟄(けいちつ)になります。

啓蟄(けいちつ)とは「陽気に誘われ、土の中の虫が動き出すころこのこと。」一雨ごとに春になる、そんな気配の季節の頃だそうです。


また、この頃の旬のお魚の一つに、鰆(さわら)があるのだそうです。鰆(さわら)は魚へんに春の漢字の通り、春のお魚だそうで、古来日本では、冠婚葬祭で重宝されたのだとか。

一般的には魚は頭がおいしいとされていますが、鰆(さわら)は尻尾のほうが美味とのこと。めずらしいですね。


そして、啓蟄(けいちつ)の末候は、「菜虫蝶と化す(なむしちょうとかす)」冬を過ごしたさなぎが羽化し、蝶に生まれ変わるころ、という意味だそうです。

そしてこの候のことばとして夢虫(ゆめむし)というのがあるのだとか。みなさんはこの言葉は、お聞きになられたことがありますか?私は初めて目にしました。

夢虫(ゆめむし)というのは、蝶のことだそうで、この他にも夢見鳥(ゆめみどり)という呼び名もあったのだそうです。

この呼び名は荘子の説話「胡蝶の夢」に由来するそうで、この「胡蝶の夢」のお話しとは、「蝶になる夢を見たけれど、本当の私は蝶で、いま人間になっている夢を見ているだけではないか」と思う、というものらしいです。

夢と現が混じり合う幻想的なお話ですが、ちょうどこの魚座後半の時期にはぴったりのお話しですね。

今回も『日本の七十二候楽しむー旧暦のある暮らしー』東邦出版から、楽しく味わいながら、引用してご紹介させていただきました。


130220_182736.jpg


占星術的には、5日からは、お空のトランシットの太陽は、魚座の後半度数に移行して行きます。

魚座後半度数のキーワードは、「永久化」(『神秘のサビアン占星術』学研より)。日常感覚の世界ではなく、永遠という純化した意識に到達するあたりの度数と言われています。

特に、このあたりに何かの天体を持つ人が、一般的な日常の中だけで生活をしていると、知らず知らずのうちに、エネルギーが枯渇して行くということが、良くあったりもするようです。

無意識レベルや魂レベルにまで、広く広がった世界に触れることで、パワーチャージがはかられますので、何かご自身にあった、そのための方法を見つけられると良いかと思います。

占いに触れること・精神世界の本を読むこと・癒しに関するワークをすること・瞑想の時間を持つこと・海に行くこと・神社などのパワースポットめぐりをする、などなど。

ぜひ探してみてくださいね。

そして、この魚座の特質は、実は、誰か、ここに天体がある人にだけ関係するものでは、ありません。

たとえばプログレスの月は、誰のものも、およそ28年かけて12サインを一周します。

この魚座終わりの体験も、実は、関係のない人はいない、みんなすべての人の、共通体験なのですね。



そんな魚座に対応する色彩は、パープルからマジェンダ色にかけて、など。

「透ける」感じの色彩とか、キラキラと揺らめくような神秘的な色彩も、魚座に対応されています。

霧のような白色やラベンダー色を、魚座の色彩とする人もいます。

春の海の色のような、やさしいトルコブルーも、魚座の色彩とされているようです。

そういえば、今回、一番最初に書いた、この季節のたそがれ時の淡い青色も、魚座の色彩と言えるかもしれませんね。



それでは、また。

みなさんもどうぞ、優しくて少し神秘的な、すてきな啓蟄(けいちつ)の季節を、お楽しみくださいね。


permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

Fionaの吉祥寺通信 75寺目


こんにちは!Fionaです。
本日、2月18日の21時過ぎに、太陽が12星座の最後の星座、魚座に入ります。
今日、21時前に生まれた赤ちゃんはぎりぎり水瓶座なんですね。
2月26日に金星が魚座入りすると、魚座にはメインの10天体中5天体、太陽、海王星、火星、水星、金星とがあり、大変賑やかになります。

また、2月23日から3月18日までコミュニケーションや通信を司る水星は魚座の中で後ろ向きに進んでいるような状態になります。
その間、水星は火星、太陽、金星と出会います。

情熱、意思、愛情面で、仕切り直しや、再会、再開がありそうです。
魚座はイメージや理想の世界を象徴します。
水星逆行中に経験する変化は、何かのサイン、シンボルの形で直感的にわかったりするような、とても深いものになるかもしれませんね。

イメージに関するワークをすると、過去に起こった出来事を感情面で整理するのに役立ちます。
私もこの水星逆行中に、曼荼羅を描くワークショップに参加するのでとても楽しみにしています。

また、2月19日から7月8日まで、魚座と同じ水の星座の蠍座にある土星が逆行します。
一対一の人間関係で、感情面でのさまざまな縛りとか、制限を感じていらっしゃった方は、それらを開放するチャンスになります。

水星逆行と土星逆行が重なる2月23日から3月18日までは、外側より内面、未来より過去とのコミュニケーションが活発になり(水星)、固まっていたものの形が崩れ (土星)、春休みの大きな宿題を片付けるような、やりがいのある期間になりそうです。

写真は、ドイツのアロマテラピーカードの、ミモザです。
ちょうど今頃、咲きはじめ、花屋さんにも並んでいます。
水の要素の強い花なので、この宿題期間を乗り越える助けになりますよ。
ただし、ミモザの花粉にアレルギーがある方もいるので、買う前にチェックしてくださいね!

写真.JPG
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

HARU☆インテリア風水「カラー」①

みなさま、こんにちは!
横浜在住のHARUです

しばらくブログをお休みしていまい
申し訳ありませんでした

立春を迎えて、いかがお過ごしでしょうか?
新月と旧正月が続き、春分まで変化がありそうですね

個人的には、いつも以上に多くの人と会い
複数の活動や仕事が同時進行したり

その全てがリンクし始めて
人間関係も幾重にも繋がり合っています

そして運気と季節の変わり目に特有の眠さ!
寝ても寝ても眠いですね…


200906031625000.jpg


今日から、インテリアのカラーについて
基礎的なことを、3回に分けてお話しますね


【インテリアに使う色について】

インテリアのカラーコーディネートをする時は、
面積の多い色から決めたほうが上手くいきます。
なぜなら、家具や天井など、大きなモノになるに
従って色を簡単に変えにくくなるからです。

◆ベースカラー:
まず注目したいのが、天井・壁・床の色。
いわば背景となる、この三か所の色は面積が大きく部屋のベースになる色です。
ちょっとした模様替えでは簡単に変えられない色なので、
普通は、このベースカラーに色を足してゆくように配色を考えてゆきます。


◆サブカラー:次に面積を広く使うのが、ベッド、ソファー、クローゼットなど
大きな家具。大きくなるにつれて、色の存在感は増します。
これも簡単には新しいものと取り換えられませんが、大きな布を掛けたり、
部分的にペイントしたりして色を変えることは可能でしょう。
それから、カーテンも部屋の印象が変わるくらいに重要な位置づけです。
季節毎に変えることで、体感温度にも違いが出るくらいでしょう。


◆アクセントカラー :ベースカラーとサブカラーに合わせて、
いろいろと遊べるのがクッション、絵画、オブジェなど面積の小さなモノの色。
こうした小物の色でアクセントをつけて、室内の雰囲気を生き生きとさせてください。
アクセントになるモノのない部屋でも、観葉植物などのグリーンを使えば、
比較的手軽にアクセントカラーを加えることができます。

続きは、また今度!
よい週末をお迎えください。

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

Fiona の吉祥寺通信74寺目


こんにちは!Fionaです。
先週はお休みしてしまい、申し訳ありませんでした。
すっかり元気です。

まず、鑑定時間変更のお知らせです。
本日(2/11)より、毎週月曜日夜 19時から23時に、今藤侑希先生が入られます。

それに伴い、Fionaの鑑定時間が毎週月曜日12時半から18時半に変更になります。よろしくお願いします。

今藤先生のプロフィールはこちら
インスパイア初のイケメン先生です!

昨日は水瓶座の新月で、朔(新月)の日をついたちとした、旧暦のお正月でした。
2月3日の立春、節分は太陽の通る黄道を24等分に区切った24節気のはじまりです。
ということで、今月は太陽のカレンダーのお正月と、月のカレンダーのお正月と、2回節目がありました。

24節気については、遠藤先生がこのブログで連載されていますので、チェックしてくださいね。

次に、インスパイアでご提供しているプライベートヨガレッスンのご紹介を。

インスパイアでやっているのは、マイクロヨガという、爪先から頭まで順番に関節や体の部分を一箇所ずつほぐしていく、初心者の方でも無理なくできるヨガと呼吸法です。
30分単位でお受けしていますので、詳しくはこちらをご覧下さい。
今のところ、鑑定をお受けになった方限定のメニューになっています。
本日はタロット鑑定とヨガレッスンのコースをご用命いただきました。

鑑定の後にヨガ、とてもお勧めです。
皆さん、来店されたときより晴れやかなお顔で帰られます。
心と身体はリンクしていますので。
占いの鑑定により、迷いや、悩みなど、心の奥底に溜まっていたものが、解決の糸口に向けて浮上していきます。
鑑定後にヨガのような浄化の時間を持つと、占いの効果をより高めていくことができます。

インスパイアでのヨガはお客様が気になっている部分を重点的にやっていきます。
デスクワークが多い方は、首、肩が特に張っていらっしゃいます。
今年の冬は特に寒かったので、筋肉も硬くなっています。
暦の上では春になっていますので、身体もそろそろ緩んで、冬に溜まった老廃物を排出しようとしていますね。
鼻水、身体のだるさなどを感じている方も多いでしょう。

生活の中にヨガを取り入れることで、老廃物の排出をスムーズにし、軽やかに春を迎えることができますよ。

ではまた来週♪

__.JPG
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

♪coroe の季節のお便り。

四月なみの暖かさになったかと思うと、また急に寒くなって、真冬に戻ったりしていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

今くらいの季節には、冷たいお水をちびりちびりと、少しずつ飲むと、体に浸透しやすくて良いということを、耳にしたりもしています。もし良かったら、どうぞためしてみてくださいね。

さて、それでは、少し早いですが、2月の後半の、季節のお便りをお届けします。



2月18日(月)からは、二十四節気は、雨水(うすい)になります。


雨水(うすい)は「降る雪が雨へと変わり、氷が解け出すころのこと。昔からこの季節は農耕の準備をはじめる目安とされてき」たそうです。

そもそも七十二候は、中国から日本に伝来した暦だそうで、中国古代の天文学による七十二候では、この雨水(うすい)の初候は「獺魚を祭る」(かわうそうおをまつる)だったとか。

日本かわうそが絶滅したという残念なニュースを少し前に見ましたが、かわうそという動物は、魚をよく捕まえるのだけど、その捕った魚を岸に並べたあと、なかなか食べようとしない習性があるのだそうです。

それが祭りの供え物のように見えたことから、かわうそが先祖の祭りをしていると言って、この季節の名が生まれたのだそうです。

かわうそは、見た目もかわいいですが、おもしろくてかわいい習性を持っているのですね。



また、この時期の言葉として、霞(かすみ)があるとのこと。みなさんは、霞(かすみ)と霧(きり)の二つの違いを、ご存知ですか?

なんと、この霞(かすみ)と霧(きり)は、季節によって呼び分けるのだそうです。同じような現象を、春には霞(かすみ)とよび、秋には霧(きり)というのだとか。もちろんわたしも、知らなかったです。

また、気象学のほうでは、視程一キロ以下のものが霧(きり)、それよりも薄いものが霞(かすみ)とされているとか。

「たなびく」という表現は霞(かすみ)には使うけれど、霧(きり)には使わない。逆に「たちのぼる」という表現は霧(きり)には使うけれど霞(かすみ)には使わないのだそうです。

日本人は、四季の景色の微妙なトーンを、感受性豊かな言葉で表現してきたのですね~。

この春先にたなびく霞(かすみ)も、夜になると霞(かすみ)とは言わずに、朧(おぼろ)に変化するのだそうです。すごい繊細で豊かな感受性ですよね。

そういえば、朧月夜という歌を、小学校の頃とかに歌った記憶がありますね。


今回も『日本の七十二候楽しむー旧暦のある暮らしー』東邦出版から、楽しく味わいながら、引用してご紹介させていただきました。


130207_093039.jpg


占星術的には、18日からは、お空のトランシットの太陽は、魚座の前半度数に移行して行きます。

魚座前半度数のキーワードは、「連合」(『神秘のサビアン占星術』学研より)。それぞれの国家や惑星などの閉ざされた集団が、より大きな普遍性のもとに、壮大なスケールで存在している姿が、連合かと思います。

特定の時間にも空間にもしばられない、大きな大きな世界が展開される魚座。魚座というサインは良く、「海」や「霧」に例えられたりします。

魚座は、象徴としての「水」のサインです。これは心理面での同化や共感などを示しています。そして魚座の支配星は「海王星」。茫洋としたとりとめのない広がりや神秘性などを、象徴する天体です。

この二つが組み合わさったとき、イメージとして「海」や「霧」が出てくるのは、とてもわかりやすいですね。

魚座の世界の広がりは、目覚めた顕在意識だけでなく、無意識とか潜在意識とよばれる世界ものみこんで、大きく大きく魂レベルにまで到達します。



そんな魚座に対応する東京の土地は、皇居を中心にして、およそ西南西の方角(『運命を導く 東京星図』より)。都心のあたりでは、赤坂御用地や明治神宮などは、すっぽり魚座地区に入ります。

また、おおよそ京王線や小田急線の沿線は、魚座地区になっています。東京が発展してゆく一番最初に、住宅地やベットタウンとして開けていったのがこの郊外の魚座地区といえるかと思います。

癒しやリラックスの魚座地区を、まず最初にたくさんの人たちが、住宅地やベットタウンとして求めていったというのも、とても良くわかる気がしますね。



それでは、また。

みなさんもどうぞ、良い雨水(うすい)の季節を、お過ごしください。


permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76

このページの先頭へ