Calendar
<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
CURRENT MOON
moon phases
Search this site.
links
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

5月20日お休みのお知らせ Fiona


こんにちは。Fionaです。
勝手ながら、法事のため5月20日(月)お休みを頂戴します。
5月27日は通常通り12時半から18時半まで鑑定しております。
どうぞよろしくお願いします。

15日のクリスタルショップでのイベント、無事終わりました。
ひっきりなしにお客様にお越しいただき、感謝です。
クリスタル、アロマ、ヒーリング、ヨガなどに関心のある方が多く、
クリスタルを見ながら初めて会うお客様同士がチャイを飲みながら情報交換されていましたよ。

リーディングを受けてくださったお客様方は、インナーチャイルドカードの可愛さに魅了されていました。
今回は、環境が変わったり、心境の変化がある方が多かったのですが、
カードたちも優しく背中を押してくれました。

image.jpg
上はリーディングスペースの写真です。
クリスタルの写真を撮る余裕がなくて残念。。
写真に写っているのは Guardian of Swordsのカード。
タロットではSwordのキングのカードです。
後ろで翼を広げているのが大天使ミカエル。
力強いプロテクションのカードですが、赤い薔薇に象徴されるように、
ベースは愛です。
剣の力を行使するには、愛がないといけないのですね。

私の出展は15日のみですが、このクリスタルショップは、22日、29日にも開催されますので、
興味がある方はこちらをチェックしてくださいね!

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

♪coroe の季節のお便り。【小満】

みなさん、おはようございます。

今日は東京地方は、朝はとても良いお天気でしたが、天気予報によると、夕方くらいから、急な夕立になったりもするとのこと。

どうぞお出かけの時には、傘を忘れずに、お出かけくださいね。



130515_223028.jpg

(お写真の絵は、『日本の七十二候楽しむー旧暦のある暮らしー』東邦出版より。)



さて、それでは、季節のお便りです。

こんどの火曜日5月21日からは、二十四節気は、小満(しょうまん)になります。

小満(しょうまん)とは「いのちが、しだいに満ち満ちていくころのこと。草木も花々も、鳥も虫も獣も人も、日を浴びてかがやく季節です。(『日本の七十二候楽しむー旧暦のある暮らしー』東邦出版より。)」


2702d07019f9e075108ec6807c5ccf90e899e201_24_2_9_2.jpg


5月の第三金曜日から日曜日までの三日間は、浅草の三社祭があるそうです。今年は、17日・18日・19日になるようです。

浅草神社の三社祭の公式HPは、こちらです。http://www.asakusajinja.jp/sanjamatsuri/

浅草神社は明治になるまでは浅草寺と一体だったとのこと。神仏分離の政策によって、浅草寺と分離してから、浅草神社単体での祭りとなり発展したのだそうです。

浅草に初夏を告げる、東京を代表するお祭りということで、江戸からの情緒を堪能するのも、おもしろそうですね。


abb8e1ce77cbfcf46a7b9c2b91b5ca9dddee887c_24_2_9_2.jpg
(お写真のこま犬は、両方とも、浅草神社のこま犬です。)



占星術的には、この小満(しょうまん)の日は、お空のトランシットの太陽が双子座01度に入る日になります。

双子座は、12サイン中三番目の、風のサイン。

知性の探求や、好奇心が旺盛で、それをもとに、自分自身のマインドを形成するサインです。

ひとつ前の牡牛座には、自然豊かな環境を好む、田舎との相性の良さがありますが、こちらの双子座は、逆に、移り変わりのスピードが目まぐるしい、都会との相性の良さがあります。

牡牛座は、スピード感は、ゆっくりとしたものを好みますが、双子座は、早い移り変わりを好みます。

自転車・バイク・自動車・電車など、交通機関やそれを使っての移動なども、双子座の象意となります。



そんな双子座の、前半度数の01度から15度までのキーワードは、「発見。知らないことは、チャレンジするべきことという考え方なのです。『神秘のサビアン占星術』松村潔、著 学研 より)」。

トトロに出てくるメイちゃんくらいの年齢の子どもたちは、ちょっとこの双子座サインの特徴を、とてもわかりやすく持っていたりもしますね。

歩こう!歩こう!で、どこにでも行ってしまったり。
なんで!なんで!と、なんでも知りたがったり。
あれぇ、これ何だ?と、発見の喜びに、あふれていたり。

そんな初々しい、知的好奇心にあふれた、軽いフットワークのサインが、双子座です。





その、双子座に対応する東京都内の場所は、日比谷公園・お台場・羽田空港など。

東京の十二サイン対応のエリアの中で、唯一、「大きくて古い神社仏閣」がほとんど無い場所です。

歴史の重さから解放されたい人、ピーターパンのような自由さの欲しい人、気楽さの好きな人には、とても向いている場所と言えると思います。





それでは、どうぞみなさんも、ずかすがしい小満(しょうまん)の季節を、軽やかに楽しんでお過ごしくださいね。



permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

Fiona の吉祥寺通信 85寺目


こんにちは。Fionaです。
いよいよ明日、5月15日、クリスタルショップでのイベントです。
インナーチャイルドカードとインド手相のリーディング
日時: 5月15日(水)13時~17時
場所: ニーマルヨガスタジオ (目黒)
イベントの詳細は、こちらをご覧くださいね。

一昨日、新しいエンジェルカードを持って、神代植物公園のローズフェスタに薔薇を見に行きました。
5月12日現在、ほぼ満開でしたよ。
26日までの会期中、週末は朝8時から開いているので、オープン直後に行きました。
薔薇は早朝が一番香るそうですよ。
Ambika Wauters さんによる、クラシカルなイタリア風のエンジェルカードは、薔薇との相性が良いようです。

The Miracle of Love のエンジェル。
__ 2.JPG

アークエンジェルミカエルと、Knowingのエンジェルのカードと薔薇のコラージュ。
薔薇コラージュ.JPG

昨日の鑑定からこのエンジェルカードを使用させていただいてます。
愛に溢れるメッセージをいただけましたよ。
明日のイベントにも薔薇のエネルギーを吸収したこのエンジェルカードも持って行きます!

ダマスクローズ系の香りの強い薔薇、パパメイアン。
__ 4.JPG

前日の雨の雫が光っていて綺麗でした。
近くに近づくだけでフルーティーな洋ナシのような香りに包まれ、ハートがぐぐっと開きます。

そうそう、
光先生の個人ブログができました!
Chiaraのささやき
光先生のひかりあふれるメッセージがこれからつづられると思います。
是非、訪問してくださいね!

このブログではChiaraというお名前を使われているのですが、そのお名前の由来であった、聖キアラにゆかりのあるイタリアのアッシジを9年前の今頃旅したことを思い出しました。
キアラは聖フランチェスコの女性のお弟子さんです。
サン・ダミアーノ修道院という、聖フランチェスコが神のお告げを聞いたという修道院に、二人のステンドグラスが飾られていました。
太陽と月星の陰陽対応になっています。
キアラ
CIMG0750.JPG
フランチェスコ
CIMG0749.JPG
聖フランチェスコに出会って衝撃を受け、裕福な両親の反対を押し切って出家し、清貧の道に生きた聖キアラ。
信仰でつながれた、愛よりも深い絆が感じられます。


permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

個人ブログ開設しました。 光

こんにちは。 光です。
みなさん、お元気ですか?

遅まきながら、個人ブログ始めました。
chiaraのささやき
chiara(キアラ)、という名前で出ています。
chiaraはイタリア語で光輝く、という意味でアッシジの聖キアラというシスターの名前でもあります。

良かったらのぞいてみてくださいね。

今日は、優しいFiona先生がコンピューターの苦手な私に、手取り足取り教えてくださいました。
まるで魔法のようです!!
Fiona先生、ありがとうございました。

それでは、また~
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

新月☆

こんにちは、光です。
GWはいかがお過ごしでしたか?
寒~い日もありましたが、最近やっとこの季節らしくさわやかで過ごしやすくなってきましたね。
でも、まだ朝晩は寒いので体調を崩さないよう、気をつけてお過ごしくださいね。

GW,どこか旅行やレジャーにお出かけになった方も多いことでしょう。
私は、特に遠くに出かけることもなく、まったりと過ごしていました

でも、本当はひとつやろうと思っていたことがあったんです。
それは、大掃除!!
普段手付かずのところを、一気に片付けてしまおうかな、と。
いらなくなった洋服や本、書類などなど処分する予定だったのですが。。。
のんびりしているうちにあっという間にGW終わってしまいました。

ところで、みなさんは片付けは「断捨離」派ですか?
それとも「ときめき。。」派ですか?

私は「ときめき。。」派なんです。
なのでいつも結構ときめくものが多くて、捨てられない!!

でもまだチャンスがあります。
あさって、5月10日9時28分に牡牛座で新月です。
新月は物事を新しくスタートしたり、決意するのにふさわしい時期。
牡牛座らしく心地よく、美しい空間になるようガンバリマス。

3月、4月に環境が変わって知らず知らずのうちに無理して、がんばってきた方は、美しい緑の中で深呼吸してリラックスしてくださいね!

それでは、また~。



permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

Fiona の吉祥寺通信 84寺目


こんにちは!Fionaです。GW最終日いかがお過ごしですか?
遠藤先生の記事によると、昨日の端午の節句から季節は立夏へ移っています。
確かに今日は夏の気配を感じますね~。
HARU先生の「占いとは? 」というお話を読んで思ったのですが、私のタロットとの出会いは小学生のとき、大学生だった兄の学園祭に行き、タロット占いブースで男子学生さんに占ってもらったことです。
今思い出すと、結構当たってましたね。

さて、直前のお知らせで恐縮ですが、外部でのイベントがあります。

5月15日(水) 海を越えてやってきたクリスタルとのコラボ企画のお知らせ。
クリスタルの展示販売会で、インナーチャイルドカードのリーディングとインド手相の鑑定をします。

美しい石たちに囲まれたヒーリングバイブスいっぱいの場所でのリーディングはとってもスペシャルです。
セッション料金もこのイベント限りのリーズナブルな料金になっていますのでお見逃しなく。
このイベントは短時間のセッションになりますので、ゆっくり時間を取っての鑑定をご希望の場合は月曜日にインスパイアまでお越しください!

日時: 5月15日(水)13時~17時
場所: ニーマルヨガスタジオ
東京都港区白金台3−18−1  八百吉ビル6F
セッション内容など詳しくはFionaの個人ブログをご覧下さい。

image.jpeg

●お休みのお知らせ
5月20日(月) は法事のためお休みを頂戴します。
13日、27日は通常どおり、12時半から18時半まで出演しております。

どうぞよろしくお願いします。


permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

HARU☆占いとは?

みなさま、おはようございます!
横浜在住のHARUです。

いよいよ新緑の季節、五月が始まりましたね。
ここ横浜は、いつもよりも賑わっています。

大変、ご無沙汰してしまいました。
次に何を書こうかな…
と思っているうちに時間が経ってしまいました。

何はともあれ、占い師としてお仕事をしているので
「占い」について、あれこれ綴っていきたいと思います。

皆さまは、「占い」というと何を連想しますか?
私は、タロットカードや水晶玉が思い浮かびます(笑)

どうも、映画や物語の中で描かれている
古典的、あるいは、伝統的な「占い師」の姿が印象的なのですよね。

神託や巫女、ジプシーや魔法使い…
だんだんファンタジーな世界になっていきます。

映画「マトリックス」のオラクルという登場人物の
予言のシーンは、鮮烈な印象を抱きました。

あるいは、「シャーロックホームズ・シャドウゲーム」の
ジプシー占い師シムは、重要な鍵を握っていました。

「パイレーツオブカリビアン」シリーズでも
占い師、特に女性は、キーパーソンとなっています。

つい、映画の話だと止まらなくなってしまいますが
おそらく、私の原点も、このあたりなのだと思いました。

そういえば、高校生の時に、文化祭でタロットカード鑑定を
したことを、思い出したところです。

当時は、地学部に所属していました。
部長の発案で、文化祭で、タロットカードで占いをすることに。

それまで、全く興味がありませんでしたが
妹の持っていた雑誌の付録を借りて、説明書を見ながら鑑定しました。

多分、当日は、2~3名の方を占いしたと思うのですが
「当たっている!」って言ってもらったのを覚えています。

とはいえ、「ふ~ん」「へ~」「そんなこともあるんだ」という感触だったので
妹にタロットを返して、そのまま、長い間縁がありませんでした。

私のデビューは高校生だったのですね~。

また、続きは、この次に!


☆海辺の公園の四つ葉のクローバー☆
201305011642000.jpg
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

♪coroeの季節のお便り【立夏】

みなさん、こんにちは。

街はゴールデンウイークですね。

東京のいつもの街を歩いていると、どこか普段とは違った、大型の休日の雰囲気になっていますね。

でも、生徒さん・学生さんたちとか、ゴールデンウイークだけど、平日なので、普段通りの人たちの流れもあって。

「あぁそうだ。今日はゴールデンウイークだけど、平日なんだっけ」と、少し不思議な気持ちになったりしています。

きっとこのブログを、読んでくださっている方の中にも、ゴールデンウイーク中も、ふだん通りに、お仕事されておられる方も、いらっしゃることと思います。お仕事、どうも、おつかれさまです。

また、長期休暇を、楽しまれている方も、おられることと思います。ぜひぜひ、お休みの時間を、ゆっくりと、エンジョイしてくださいね。



130501_220651.jpg

(お写真の絵は、『日本の七十二候楽しむー旧暦のある暮らしー』東邦出版より。)




さて、それでは、季節のお便りに入ります。

こんどの日曜日5月5日からは、二十四節気は、立夏(りっか)になります。

立夏(りっか)とは「しだいに夏めいてくるころのこと。あおあおとした緑、さわやかな風、気持ちいい五月晴れの季節です。(『日本の七十二候楽しむー旧暦のある暮らしー』東邦出版より。)」



5月5日は、端午の節句。おおよそこの日のあたりが、毎年立夏(りっか)になることが、多いようです。今年も、ちょうど5月5日が、立夏になります。

さわやかな青空にたなびく鯉のぼり。みなさんも良くご存知のように、端午の節句とは、男の子のお祭りですね。

「鯉は、滝を登って、龍になる」という、鯉の滝登りの逸話にちなんで、男性性の隆盛を願う祭りが、端午の節句になったようです。

占星術のほうでは、男性性は、身体的に男性の人達だけが持つものではなくて、身体的に女性の人たちの中にも、その男性性は存在していると、考えます。

(逆に、身体的に男性の人達の中にも、女性性は存在すると、考えます。)

なので、そういう占星術の立場からは、この端午の節句は、別に男の子だけのお祭りではなくて、「みんなの男性性を祝う日」にすると良いなぁ~と、思ったりしています。



130501_142134.jpg



占星術的には、この立夏(りっか)の日は、お空のトランシットの太陽が牡牛座16度に入る日になります。

牡牛座は、12サイン中2番目の土の固定サイン。一番目の牡羊座の燃える火のエネルギーが、大地の中など物質の中に入って行ったのが、牡牛座です。

その、一番目の火のサインの牡羊座から、二番目の土のサインの牡牛座への移行のプロセスを、「植物」や「種」にたとえて、お話ししてみましょう。

まず初めに、一番目の牡羊座が持つ、膨大な火の可能性のエネルギーが、小さな種の中に、封印されます。これが、火から土へのプロセスとなります。(種は、物質なので、土のサインになります。)

その種が、グラウンディング、つまり、二番目の土のサインの牡牛座に着地するには、どこかひとつの「点」としての、ピン・ポイントを決定するというプロセスが、とても大切な、不可欠なものとなります。

この「種」となった牡羊座と、「点」としての牡牛座の、「ピンポイントの結合」が、いろいろのお話しの、始まりとなります。

つまり、牡羊座から牡牛座へという移行には、膨大な火のエネルギーである牡羊座が、まず「種」という土の中に閉じ込められるステップがあり、次に、その「種」が、どこか地上の「一点」に、着地のポイントが決まる、というプロセスがあることになります。

このプロセスがないと、牡羊座から牡牛座へのおはなしは、何も始まりません。

このような文章を読むと、「ずいぶんと、窮屈なプロセスなのね。」と、思われる方も、居ることでしょう。

でも、だいじょうぶなのです。

どうしてかというと、その一点の着地点を見つけた、「種」から育成する植物の成長力は、おおもとの牡羊座が持つ、「火」のエネルギーなのですから。

ようするに、そこには、ただ、エレメントの移行があるだけなのです。

植物の成長力として変化した、牡羊座のエネルギーは、牡牛座というグラウンディングの着地ポイントから、思う存分生き生きと成長し、葉を茂らせて、花を咲かせ、身を実らすことになります。

この、一番目の牡羊座から、二番目の牡牛座へのプロセスこそが、わたしたちが植物から学ぶ、「今あるところで、咲きなさい。」というたとえに、なるわけですね。



そんな牡牛座の、後半度数の16度から30度までのキーワードは、「確信(『神秘のサビアン占星術』松村潔、著 学研 より)」。「まるで宝石を研磨するように、努力し続ければ、はっきりした自己表現法が確立されます。自分の生き方を確信した後は、がんこな牡牛座ですから、はっきりした経歴を築いていきます。(『神秘のサビアン占星術』松村潔、著 学研 より)」。

牡牛座は、固定宮なので、まさしく「継続は力なり。」の、サインなのですね。

「安定して、続けること。」そのことこそが、牡牛座パワーを開花させて、実らせる、キーポイントとなって行きます。




その、牡牛座に対応する色彩は、まず、朱色があげられます。これは、商売繁盛・願望実現の、お稲荷さんの、鳥居の色ですね。この色彩は、グラウンディング力を、強めてくれる色彩です。

そしてまた、牡牛座は、ナチュラルさを持つサインですので、いわゆる「アースカラー」とよばれている色彩全般が、牡牛座を象徴する色彩となります。

こちらの色彩は、牡牛座の持つ、「ゆっくり・まったり・のんびり」と、「自然体に」という要素を、守り育ててくれる色彩となります。

そしてまた、この「朱色」と「アースカラー」は、ともに、牡牛座で強まる五感の感性を、豊かにしてくれる色彩です。

おいしいものを食べたり飲んだりするのが好き。
いいにおい、大好き。
心地よい音楽が好き。
きれいなものを見たり持ったりするのが好き。
気持ち良い触り心地が好き。

それとともに、牡牛座サインが大好きな「衣・食・住」を満たしてくれるのも、この「朱色」と「アースカラー」の組み合わせになります。



このところ、日本全国、急に寒くなって、体調をくずしておられる方も、多いようです。

この、今頃の寒さを、「若葉寒( わかばざむ)」と、呼ぶのだとか。

どうぞみなさんも、衣服の脱ぎ着などで、こまめな体調管理をされて、この輝いた緑色がとてもきれいな、立夏(りっか)の季節を、楽しんでお過ごしくださいね。






permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

Fiona の吉祥寺通信 83寺目


こんにちは。Fionaです。
ゴールデンウィークが始まりましたが、いかがお過ごしですか?
私はGW初日の28日は、江の島で開催された、アースデイ湘南のフラのチャリティイベントに行って来ました。
福島のお子さんたちも招待されて来ていましたよ。
富士山もくっきり見えるGWらしい最高のお天気で、芝生の上でみんなで「世界の子供たち」という歌に合わせて踊りました。
見渡す限り優しい笑顔の人たちばかりで、Alohaが会場中を満たし、とても幸せな気分になりました。

__ 1.JPG

この時期の爽やかな空気、お日様のパワーは格別ですね。
日頃お疲れの方は、是非自然の中で活動してみてください。

インスパイアにもチラシを置いていますが、5月1日からミッドタウンで開催される無料イベント、ミッドパークヨガもお勧めです。
芝生の上でのヨガ、気持ちいいですよ。

話題変わって、私が鑑定で使用しているインナーチャイルドカードについて。
インナーチャイルドカードは、伝統的なタロットをベースにし、おとぎ話のシンボリズムを導入しているカードです。
3枚展開のこの写真を見てください。(写真をクリックすると拡大されます)

__ 2.JPG

下はインナーチャイルドカード、上はそれぞれ対応するライダーウェイト版タロットです。

インナーチャイルドカードは、左からクリスタルの2、Guardian Angel、ワンドの7。
ライダーウェイト版は左からペンタクルの2、節制、ワンドの7。

絵柄の表現がライダーウェイトとインナーチャイルドカードではだいぶ異なりますよね。

特にワンドの7は、前者が棒を持って奮闘している男性なのに対し、後者ではお花の中に座る妖精で表されています。

このように絵柄は違いますが、伝えているメッセージの芯の部分は共通していて、チャレンジングな状況の中でも、自分の真の力に気づき、頑張っていくことです。

ライダーウェイトの方は、「次から次へと大変、でも頑張る!」という感じ。
インナーチャイルドカードの方は、より内面の力にフォーカスしています。
外の世界で戦うためには、内面の癒しが大切というニュアンスになっています。

鑑定で使用するカードは、お客様のお好みによって、またはご質問の性質によって使い分けています。
ご希望があったら鑑定の際にお知らせくださいね!

それではまた来週♪

permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

♪coroe の季節のお便り 【穀雨】


みなさん、おはようございます。

日一日と、植物の葉が元気に育つこの季節、みなさんはいかがお過ごしでしょうか?

イチョウの樹も、小さな葉っぱが芽吹き始めて、とてもかわいいですね。



130416_150610.jpg



さて、それではさつそくですが、季節のお便りに入ります。

今週末4月20日(土)からは、二十四節気は、穀雨(こくう)になります。

穀雨(こくう)とは「たくさんの穀物をうるおす、春の雨が降るころのこと。この季節の終わりには、夏のはじまりを告げる八十八夜が訪れます」。



八十八夜とは、立春から数えて八十八日目の夜。もうすぐ初夏を迎える季節。米という文字は、八と十と八を重ねてできあがることから、この日は、縁起のいい農の吉日とされているそうです。

この頃は茶摘みの季節でもあり、八十八夜に摘んだ茶葉は、長寿の薬とも言われたそうです。



みなさんは「五風十雨」という言葉を、ご存知ですか?私は、今まで知りませんでした。これは「ごふうじゅうう」とよむそうです。

この言葉は、「五日に一度風が吹き、十日に一度雨が降るような、順調な天気のこと」を言う言葉だとか。

そこから転じて、世の中が平穏無事という意味にも、使われているのだそうです。

使うのは、この穀雨(こくう)の季節にかぎらない言葉だそうですが、春から初夏に変わるこの頃の、気持ちのいい陽気の時期には、ぴったりの言葉らしいです。



今回も『日本の七十二候楽しむー旧暦のある暮らしー』東邦出版から、楽しく味わいながら、写真と文章を引用して、ご紹介させていただきました。



130418_093054.jpg



占星術的には、この穀雨(こくう)の日は、お空のトランシットの太陽が牡牛座01度に入る日になります。

牡牛座は、12サイン中2番目の土の固定サイン。一番目の牡羊座の燃える火のエネルギーが、大地の中など物質の中に入って行きます。

フィジカルな五感とも結びついたサインなので、おいしいものを食べるのが好き・きれいなものを見るのが好き・音楽を聴くのが好き・気持ち良い触り心地が好き・良いにおいが好きなどの資質も結びつきます。

また、ナチュラルなものとの同調性が強いので、自然豊かな場所で、癒されたり・元気になったりという傾向が強まったりもします。


そのような牡牛座の、前半度数の01度から15度までのキーワードは、「実体化」(『神秘のサビアン占星術』学研より)。「牡牛座は、地球を象徴する星座ともいわれ、(中略)環境の奥深くにまで同調しようとします。」




牡牛座に対応する東京の土地は、霞が関・高輪・芝のあたりから、品川にかけて。

山手線では、五反田駅・大崎駅・品川駅・田町駅が、牡牛座のエリアにあたります。


東京という街の出生図では、この牡牛座に、木星・冥王星・金星・太陽の四天体が集中しています。

特に、輝かしい創造力を示す太陽と、愛着の金星が同じ度数で、それがぴったりと東京タワーに重なっています。牡牛座19度です。

冥王星もそのそばにあって、牡牛座17度。

木星は、牡牛座3度で、こちらは首相官邸などが、この度数になります。


牡牛座地区は、東京とは思えないくらい、緑が豊かな場所が多く、ゆっくり・まったり・のんびりとして、そして重厚でリッチな雰囲気も持っている地域です。

緑豊かなこの時期のお散歩には、とてもおすすめの、場所です。





このひとつ前の《Fiona先生が書かれたブログ》にある、井の頭公園のお茶の水には、わたしはまだ行ったことがなかったので、こんどぜひ、行ってみたいと思います。Fiona先生、すてきな情報、どうもありがとうございます。

それでは、また。

みなさんもどうぞ、やさしい春の雨の穀雨(こくう)の季節を、お楽しみくださいね。












permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73

このページの先頭へ