Calendar
<< May 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
CURRENT MOON
moon phases
Search this site.
links
Tags
Archives
Recent Comment
Others
Admin

遠藤先生のアトリエタイム

こんにちは、光です。
今日も暑いですが、ちょっとカラッとしていて、やはり秋が近いことを感じさせますね。
みなさま、お元気にお過ごしですか?
さて、今日は♪coroe遠藤洋子先生のアトリエタイムのお話しです。



私が遠藤先生のお絵描き講座に通うようになったのは、いつの頃だったでしょうか。。。
家族にちょっとした変化があり、漠然とした不安や寂しさを感じていたときでした。
そんなとき、ふと、先生のブログのお絵描き講座の案内に目が止まりました。

実は私は、子どもの頃から絵が大の苦手。一番のコンプレックスでした。
当然のごとく、高校の芸術教科は美術以外のものを選び、大人になってからも、絵を見ることはあっても、描くことは全くありませんでした。

しかし、先生の「絵の上手・下手は関係ないから。。」というお言葉に背中を押されるようにして、お絵描き講座に思い切って参加しました。

『タロットのお絵描き』、『サビアンのお絵描き』、『十牛図のお絵描き』、と一緒に講座を受ける方は、なぜかプロ並みに絵のうまい人ばかり。
当初は、自分の絵心のなさが恥ずかしかったものの、そのうちそんなことは、全く気にならなくなりました。

講座の始めにタロットや占星術、自分の言いたいことなどを話したあとは、いったんそれらのことは忘れます。
そして、自分の描きたいものを描いてゆきます。
私の場合、テレビや映画などで見た光景だったり、無意識に感じていたことだったりします。
それこそ、子どものように無心で夢中になって描いてゆきました。

描き終わったら、遠藤先生がリーディングしてくださいます。
占星術の観点から、あるいは、色彩や形など絵画療法の観点から読み解かれる絵は、そのときの私の心や環境を、鏡のように如実に映し出していて、自分でもびっくりでした。

最後のほうでは、これからやっていきたい未来のことも描くようになり、不思議なことにそれが少しずつ実現していきそうなのです。
絵にはそれだけのパワーがあるのですね!

けれど、家で一人で描いていてもそうはならないんです。
遠藤先生が、広い心で、私の吐き出す感情や考えを受け止めて、ナビゲートしてくれる、という安心感があるからこそなのです。

占星術はもちろんのこと、日本神話や、ギリシャ神話、禅のことなど古今東西の幅広い知識を、わかりやすくおもしろく教えてくださり、毎回目からウロコでした~!

一枚、一枚の自分の絵を眺めていると、「あ~、私あのときこんなこと思っていたんだな。」
と、鮮明によみがえってきます。
バックに入れたクレヨンがカタカタとなる音が懐かしく、私にとって、自分と向き合う本当に大事な、大事な時間だったな~と、改めて感じています。

遠藤先生、どうもありがとうございました!!




今までのご自分の人生を振り返って、何だか本当の自分を生きてこなかった、と感じている方や、将来を不安に思う若い方、もちろん特に何かあるわけではないけれど、占星術や絵を描くことが好き!という方など、多くの方におすすめの講座です。

image.jpeg

○シュトックマー社の24色の蜜蝋クレヨン


それでは、また~。
夏の疲れが出る頃なので、どうぞご自愛くださいね。


permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

Fiona の吉祥寺通信 94寺目


こんにちは。Fionaです。
今日がお盆休み明けという方も多いですね。

21日朝10時45分に満月になります。
水瓶座の終わりの方 (28度) で、もうすぐそこに魚座を見据えています。

満月の3時間後に月は12星座の最後の魚座に入ります。

太陽は水星と隣り合わせになっており、月は魚座に入ってすぐ魚座4度のところにある海王星と並びます。

2013年も既に後半に入っています。
今年前半を振り返り、これでよかったのかなという不安も出てくるかもしれませんが、全てをいったん受け入れて、まとめに入っていく流れになりそうです。
周辺ではシビアな出来事もありますが、一段高い視点から状況を見つめられたらいいですね。

それで結局は今やっていることを真摯にやることしかないということに気づくのですが・・・

今朝は蒲田産経学園さんで、ヨギックリラクゼーションのクラスでした。
いつも来てくださっている方が、とても明るく軽やかな空気をまとっていらっしゃり、いい感じに変わっていかれているのに気づきました。

心のスタンスをちょっと変えてみたそうです。ヨガもきっかけになったみたい。
毎日の積み重ねが花開く瞬間を見るのは本当にうれしいです!

image.jpg

遠藤先生がインスパイアで新たな試みをスタートされます。

絵画療法:占星術のアトリエタイム

モニターも募集されるとのことですので、是非チェックしてください!


permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

♪coroe の季節のお便り 【処暑】

みなさま、おはようございます。

毎日暑いですが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。天気予報では、まだまだ来週一週間は、この暑さは続くとのことですね。

どうぞ、こまめな水分補給をされたり、涼しくされたりと、いろいろとくふうをされまして、どうぞこの暑さをのりきられてくださいね。

Fiona先生も書かれているように、スイカなどの季節の果物やお野菜を食べるのも、この暑さをのりきるには、とても良いそうです。

無意識に野菜を求める人が増えるので、コンビニのサンドイッチは、例年7月8月が一番の売り上げなのだとか。夕べのニュースでもやっていました。



先日、インスパイアでは、早矢先生をはじめ、ほかの占い師メンバーの先生方との、ビアガーデンでの納涼会が行われ、私もそれに参加させていただきました。

夜風がとても心地よく、メンバーの先生方とのおはなしも弾んで、とても楽しいお時間を過ごさせていただきました。どうもありがとうございます。



130805_192524.jpg


130805_192717.jpg



さて、それでは、季節のお便りです。

来週の金曜日8月23日からは、二十四節気は、処暑(しょしょ)になります。

処暑(しょしょ)とは「暑さが少しやわらぐころのこと。朝の風や夜の虫の声に、秋の気配が漂い出します。(『日本の七十二候楽しむー旧暦のある暮らしー』東邦出版より)」

同書では、この時期の「候のことば」として、涼み舟という言葉が、紹介されています。

「川をゆっくりと行き交う舟に揺られ、涼をいただく涼み舟は、暑い季節の夜の楽しみです。屋形船に集い集まり、宴の席をもうけて旬の天ぷらなどを味わい、おいしいお酒に酔いながら、夜風にあたるのも風流です。」

涼み舟というと、どことなく奥ゆかしく感じますね。それに、江戸時代ごろから続くような、長い歴史も感じられます。

また、処暑(しょしょ)の末候の言葉は「禾乃登る(こくものみのる)」。

「禾とは、稲などの穂先に生えている毛のことですが、稲や麦、稗、粟などの穀物の総称でもあります。のぎとも、のげとも呼ばれ、「禾」の字は、もともと穂をたらした稲の姿を描いた象形文字だったそう。」

現代の都会の生活の中では、この「禾」を実際に手に取る機会は、ほとんど無いですね。昔はもっと、たくさんの人に一般的な、身近な存在だったのでしょうね。



P1010907.JPG



占星術的には、この処暑(しょしょ)の日は、お空のトランシットの太陽が乙女座01度に入る日になります。

乙女座01度から15度までのテーマは「個性化」「洞察力をもとにした個性の獲得」(『神秘のサビアン占星術』松村潔、著 学研より)

乙女座のひとつ前のサインは、獅子座です。

獅子座は、火のサインなので、小さな箱に納まるというようなことは、ありません。もともと獅子座は、こじんまりとしたことを嫌うサインです。

その獅子座も、「個」ということ関係するサインですが、獅子座の「個」は、常に中心から放射状に広がろうとし、「燃え続けて」います。

それに対して、次の乙女座は、土のサインなので、「物質的」ですし「具体的」です。

その乙女座においても、「個」というテーマは続いて行くのですが、乙女座においては、「個」は、「身体」という物質性の中に納まるようになります。

つまり、等身大サイズにコンパクトに納まり、それを「もと」に、いろいろと動いて行くのが、乙女座です。



ecaa0853cf8d10776f1b02b3a3e6be3317fa0c22_24_2_9_2.jpg



そんな獅子座から乙女座への、サインの移行を表す東京の場所が、水天宮のあるあたりです。水天宮のあたりは、獅子座29度。東京の出生図である「東京星図」のアセンダントにあたります。

皇居を中心にして、パレスホテルの方角、大手町方面や日本橋などが、東京の乙女座地区の場所になります。

この日本橋のあたりを実際に歩いてみると、乙女座が、「現実的な実務の中にプライドを持っている感じ」が、伝わって来るかと思います。

日本銀行も、この近くにあります。なんとなく、日本橋は、獅子座のプライドが、優等生的に、実務の乙女座の中で生きている、そんな土地のように思えます。

また、乙女座21度の場所として、国技館があります。心身を技でコントロールして、鍛え上げて行く、鍛錬の場所とされています。



このたび遠藤洋子は、インスパイア吉祥寺でも、アトリエタイムを始めさせていただくことになりました。

クレヨンで自由に絵を描いていただいて、それをリーディングするセッションです。みなさまのお役に立てるよう、心からワークさせていただきたいと思っています。

くわしいことは、《どうぞこちら》を、ごらんください。

みなさまのご参加をお待ちいたしております。

どうぞよろしくお願いします。



それでは、どうぞみなさんも、夏のなごりの処暑(しょしょ)の季節も、どうぞお元気にお過ごしになられてくださいね。





permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

Fiona の吉祥寺通信 93寺目


こんにちは。Fionaです。
連日暑いですね。四国の四万十で41度を超えたそうです。
昨日の東京の最低気温は30度4分(午後11時49分)。
138年前の明治8年に統計を取り始めてから、最低気温が最も高くなったそうです。
夕方のゲリラ豪雨も一瞬屋根を冷やしただけでした。
今東京にいるほとんどの人が、人生始まって以来の暑い夏を体験しているんですね~
西瓜を食べて乗り切りましょう!

さて、今年はペルセウス流星群の当たり年と言われていますが、今夜(8月12日深夜から13日明け方まで) 極大を迎えるそうです。8月13日午前3時頃がピーク。

お天気も大丈夫みたいですし、寝苦しくて目が覚めたら空を眺めてくださいね。
(*13日朝追伸。13日夜も見れるみたいです。昨夜曇っていて見れなかった方は今夜再トライ!)
放射状に広がるので、どの方角でも見れるみたいです。
なるべく広い空が見渡せた方が、流星群を見るチャンスがアップします。

帰省や旅行で空気がきれいなところに行かれている方は、澄んだ空に、キラキラ流星で最高ですね!

詳しくは国立天文台のページを見てください。

インスパイアのはす向かいのマンション一階に、お店が入って賑やかになっています。
__ 1.JPG

フランス人の方が経営するカフェ、お花屋さん、パン屋さん。

__ 3.JPG

パン屋さんのしげくに屋55ベーカリーには天然酵母のパンもありました。
青山の国連大学前広場のファーマーズマーケットにも出しているお店みたいです。

__ 2.JPG

大昔、このマンションの二階に、大学の先輩が住んでいて、お引越しの手伝いに来たんです。
こんなになっていると知ったらびっくりするだろうな。。。





permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

早矢のおやすみのお知らせ


こんにちは~(*^_^*)早矢
暑い日々が続きますが、いかがお過ごしですか?

私は先週からやっとトンネルを抜けたような感じで、かなりほっとしています。
今回、仕事の〆切が春からとやっとこ終わったと思ったら、テスト三昧に突入しまして。。。
長かったです。

さてさて、今月早矢は、ちょっとお休み日を設けます。いつも直前のご連絡ですみません。
昨年からお盆に帰省する、というパターンができまして。。。
他の先生は出演なされます!以前私とかが鑑定をしていても、はじめての占い師さんであれば、お得な初回コースが適用されます!
是非!気になる先生がいらっしゃればお気軽にお越しくださいね★

8月12日(月)FIONA先生13時~18時半、今藤先生19時~23時は出演します
8月13日(火)おやすみをいただきます。
8月14日(水)光先生11時~17時 夜早矢はお休みをいただきます
8月15日(木)遠藤先生13時~19時 夜早矢はお休みをいただきます。

★8月16日(金)は、通常通り鑑定します!ご予約受付中!

8月17日(土)12時半~14時半まで産経学園にて西洋占星術講座です。その後の鑑定はお休みをいただきます。
8月18日(日)お休みをいただきます。

8月31日(土)~9月1日、2日、3日も早矢はお休みをいただきます。m(__)m

ここまで大幅なお休みをいただくことはなかったので、少々不安です。
大変申し訳ないのですが、ご了承いただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

皆様涼しくお過ごしくださいね(●^o^●)
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

8月5日 鑑定時間短縮のお知らせ Fiona

こんにちは、Fionaです。
今藤先生も書いていらっしゃいますが、本日は店外研修(!)のため鑑定時間を17時半までとさせていただきます。
今藤先生の鑑定はお休みとなります。

8月12日以降は通常どおり、Fionaが13時から18時半、今藤先生が19時から23時までの出演になります。

ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

8月5日月曜日夜のお知らせ 今藤

暑中お見舞い申し上げます。月曜日夜担当の今藤です。

夏らしい日々が続いていますが、皆様いかがお過ごしですか?

急な告知で申し訳ないんですが、8月5日月曜日、急遽インスパイアの先生達で納涼会が開催される事になりまして、19時からの鑑定をお休みさせていただきます。
ご不便をおかけいたしますがよろしくお願いします。


尚、5日月曜日のお昼13時〜17時半まではfiona先生が出演なさっています。

渋谷のビアガーデンに行く予定なんですが、実は私ビアガーデンに行くのが生まれて初めてなので、とても楽しみです。
後、普段会えない他の先生とお話出来るのも楽しみです。

次週12日月曜日は通常通り出演しますので、よろしくお願いします。


毎日暑いですが、皆様も夏バテしないようにご自愛下さいね。

今藤侑希
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

♪coroe の季節の便り 【立秋】

みなさま、おはようございます。

先日、こちらに書きました、取材というのは、テレビ朝日の『ストライクTV』という番組でした。

私は残念ながら、その放映の時間は、寝てしまっていました(苦笑。。。)

取材内容は、放映されなかったとのことですが、インスパイアの先生方の一部画像は、映ったとのことです。

番組をご覧になったインスパイアの先生が、記念にお写真を撮ってくださっていました。ほんとにどうもありがとうございます。


__ 1.JPG


さて、それでは、季節のお便りです。

来週の水曜日8月7日からは、二十四節気は、立秋(りっしゅう)になります。

立秋(りっしゅう)とは「初めて秋の気配がほの見えるころのこと。暑い盛りですが、これ以降は夏の名残の残暑といいます。(『日本の七十二候楽しむー旧暦のある暮らしー』東邦出版より。)」

同書では、この時期の「候のことば」として、旱星(ひでりぼし)という言葉が、紹介されています。

「八月の夜空には、かつて豊作を占った星があります。赤く輝く旱星と呼ばれる星。火星、牛飼座のアルクトゥルス、さそり座のアンタレス。その内のアンタレスが赤く輝くほど、その年は豊作になるといわれたそうです。あまりに真っ赤なさそり座の星には酒酔い星という別名も。」

また、立秋(りっしゅう)の次候の言葉は「寒蝉(ひぐらし)鳴く」。

カナカナとなくヒグラシの鳴き声は、透き通ってどこか涼しげですね。東京でも、時折、耳にすることのできる鳴き声です。この声を聴くと、ちょっと避暑地に行ったような気分になりますね。


1db6bab0e5e2a18949ea048f387882cba9197dd9.24.2.9.2.jpeg



占星術的には、この立秋(りっしゅう)の日は、お空のトランシットの太陽が獅子座16度に入る日になります。

獅子座16度から30度までのテーマは「解放」「火的エネルギーの外部への放射」(『神秘のサビアン占星術』松村潔、著 学研より)

獅子座は、真ん中の16度で、対向の水瓶座のエネルギーが流れ込んでくると言われています。

獅子座を動脈にたとえると、水瓶座は静脈。客観的なクールな意識を表します。

16度以降は、この正反対のエネルギーも取り込んで、獅子座らしさを再び強めて行きます。

どうやったらいつでも自分の中にある太陽の力を呼び覚ますことができるのか。意識的に元気になって行く方法を身につけて、ますます強く元気な獅子座となって行きます。


130728_144247.jpg


そんな獅子座に対応される色彩は、赤色・緑色・黄色・オレンジなど。

獅子座の支配星である「太陽」の色は、さまざまな文化や文明の中で、いろいろな色に例えられてきました。その多くが、黄色・オレンジ色・赤色です。

日本の場合は、太陽の通り道を「黄道」と呼ぶように、父性性を持って天空に輝く太陽は、黄色であらわされることも、多いようです。

この、「黄色」で表される獅子座にフォーカスすると、「拡大力」や「多くの人に働きかけるアピール力」が強まります。

その一方で、子どもが描く絵に出てくる母性的太陽の色彩は、そのほとんどが「赤色」ですね。これは、全世界共通の特徴というように、言われています。

「赤色」で表される獅子座にフォーカスすると、「生き抜く力」「自己存在力」や「自己主張力」を強めることができます。

そしてまた、獅子座に「緑色」を対応させるのは、おもに、論理的に、赤色からマジェンダ色までの虹のスペクトルを、十二サインに対応させたときに出てくる色彩です。

身体の中で心臓は、獅子座の象意に当てはめられますが、ハートチャクラの色彩を「緑色」にすることも、それと共通しています。

この「緑色」で表される獅子座にフォーカスすると、「自己の統合力」が強めることができます。また、スピリチュアルな意味での「人間的な愛の力」は、ここのポイントからレベルアップして行くことも、多いようです。

そのほか、輝ける「金色」や、特別感のある「紫」なども、獅子座の色彩とされることがあるようです。こちらの色には、堂々とした王者の貫録が、表されていると思います。

こちらの二色で表される獅子座にフォーカスすると、「他にはいない唯一の私」の「個性の輝き」や「独自性」を、強化することができます。



それでは、どうぞみなさんも、夏のなごりの立秋(りっしゅう)の季節も、どうぞお元気にお過ごしになられてくださいね。



permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

Fiona の吉祥寺通信 92寺目


こんにちは。Fionaです。
今日(7/29) の午後に月が牡牛座に移動した後、惑星たちがヘキサグラム(六芒星)の形に並んでます。
この形が続くのは7月30日の夜までです。

牡牛座の月、蟹座の木星、火星(オーブを広く取って火星も入れます)、乙女座の金星、蠍座の土星、山羊座の冥王星、魚座の海王星です。

(牡羊座の天王星、獅子座の太陽がヘキサグラムに対してスクウェアでかかっているので、10天体中9天体がこの壮大な神秘幾何学にかかわっています。水星だけ中立です)

エレメントでいうと、水(木星、火星、土星、海王星)と、土(月、金星、冥王星) の組み合わせになります。
水と土それぞれが作る正三角形(グランドトライン)が聖なる結婚をして、ヘキサグラムを作り上げています。

水と土のエレメントの組み合わせは、アーユルヴェーダの性質でいうとカファになります。
カファには肉体の組織の構造を組成していく働きがあります。

ちょっと例えが変ですが、子どもの頃の土遊びを思い出してください。
土でお城を作るとき、土に水を注いでしっかりと固まった状態にしてから形を作っていきましたよね。
さらさらの土では扱いにくいので、水を注いで泥にしていました。

今回のヘキサグラムは一つ一つの動きをしっかりと固定していくことを表しています。

お城=理想郷を作るには、しっかりとした土台が必要です。

また、乾いた土は生命を生み出しません。
水=愛を注いでいかないといけません。

ヘキサグラムの形の中には対立するアスペクト(冥王星と火星+木星、金星と海王星) も含まれていますし、土星以降の社会天体も含まれていますので、
古いシステムを根底から覆した上で長い時間かけて作られる新しいレジームを象徴しています。

ヘキサグラムは世界のさまざまな宗教や秘密結社、錬金術師の間で聖なる図形とされています。
上にいく動きと下にいく動きの統合、男性性/女性性の統合・・・

とってもめでたいですね!

世界中で争いが起き、自然災害や事故で命や健康が脅かされる出来事が頻発してます。

つながり、結びつく動きがある反面、分離や別れもあります。

これからもっと大変なことがあるかもしれないけど、ここからが黄金の時代の幕開けだよ。と祝福されています。

対立する動きを拮抗させるポイントとして、ヘキサグラムの中心

●には、何があるのでしょうか。

何もない、+でも-でもないポイント。

ここに意識を持っていけば、三次元の世の中の全てを中立の立場で見れそうです。

タロットのヘキサグラムの展開法では、最終結果の位置です。

写真.JPG

まだめくられていない最後のカード。

これから何があっても、空にどんな図形が描かれても、私はこの真ん中の●のところに最後には向かっていこうと思いました。

そこへの行き方や手段は、人それぞれ違うと思います。

長い道のりになりそうです。

一歩一歩、確実に積み重ねていこう。

今日は空から励ましを受けたような気がしました。


permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit

ロイヤルベイビー☆

こんにちは、光です。
暑い日が続いていましたが、今日は雨も降り、ちょっと涼しいですね。
みなさま、いかがお過ごしですか?

さて、イギリスではロイヤルベイビーが誕生して、喜びに沸いているようですね。
おめでとうございます!

ご誕生前から、蟹座生まれになるのか、獅子座生まれになるのか、人々の関心が集まっていたようです。
2013年7月22日16時24分生まれ(現地ロンドン時間)
早速ホロスコープチャートを作成してみると、ギリギリの蟹座です
あと30分、生まれるのが遅ければ獅子座でした。

太陽以外の星を調べてみると、水星、火星、木星が蟹座。蠍座の土星と魚座の海王星、と水の星座にある星が六つもそろっています。しかも、まさにぴったりの度数でくっついている、火星・木星と、土星、海王星、と水のグランドトリン(三角形)を形成しています。
とても情緒的で優しく、お家(といっても宮殿!)や、家族や親しい人といるのが大好きな王子に成長されるかも知れません。

お父さんのウィリアム王子も蟹座、祖母にあたる故ダイアナ元妃も蟹座、やっぱりこの赤ちゃんは、蟹座で生まれたかったのかしら?
ダイアナさんが生きていたらとても喜んだことでしょうね。
今、ここにいないのがちょっと残念です。

蟹座、獅子座については、Fiona先生、遠藤先生が詳しく書かれていますので、チェックしてみてくださいね!

それでは、また~。
お天気が不安定なので、どうぞお気をつけてくださいね。
permalink * comments(0) * trackbacks(0) * Edit
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75

このページの先頭へ